アイコン 11月25日から12月1日までのアクセスが多かった倒産記事など

 

 

11月25日から12月1日までのアクセスが多かった倒産記事などを紹介。

今週の注目が高かった記事は、梅高建設の倒産記事。

 

一般のニュースで注目されていたのは、やはり貴乃花の突然の離婚報道だろう。

おしどり夫婦とはお世辞にもいえない2人であったが、いずれはこうなるだろうと誰もが予想していたと思われる。

松坂投手もそうだが、国宝級のスポーツ選手はできるだけそのスポーツに理解がある女性と結婚してもらいたいものだ。

本当にもったいない。

 

貴乃花
画像:Yahoo

 

スポンサード リンク
 

梅高建設(株)(大分)/自己破産申請

土建業の梅高建設(株)(所在地:大分県大分市旦野原字連田999-53 代表:桝哲也)は11月26日、大分地裁において自己破産を申請した。

負債総額は約10億円。

 

追報:梅高建設(株)(大分)/破産手続き開始決定

土木工事業の梅高建設(株)(大分市旦野原字連田999-53、代表:桝哲也)は11月27日、大分地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、松田健太郎弁護士(電話097-535-1515)が選任されている。

負債額は約10億円。

 

追報:かぼちゃの馬車建築の(株)ホーメスト(東京)/自己破産申請

シェアハウスなど建築工事の(株)ホーメスト(東京都中央区銀座6-2-1、代表:八島睦)は11月27日、申請処理を井田大輔弁護士(電話03-3586-8211)ほかに一任して、東京地方裁判所へ自己破産申請した。

負債額は約9億円。

同社は、平成18年9月設立された建築工事会社。元々東証1部の木造住宅メーカーで経営破綻した殖産住宅相互(株)の新築住宅ブランド「ホーメスト」の事業部門が前身。

 

弁護士法人村岡法律事務所(東京)/破産開始決定 懲戒処分の村岡徹也弁護士

弁護士法人村岡法律事務所(東京都港区虎ノ門4-1-10、清算人:杉田禎浩弁護士ほか)は11月21日、東京地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、幸村俊哉弁護士(電話03-3213-1081)が選任されている。

負債額は約6億円。

 

グラドルDVDの(株)ラインコミュニケーションズ(東京)/破産開始決定

小倉優子などグラドルDVD制作出版の(株)ラインコミュニケーションズ(東京都渋谷区初台1-49-1、代表:金吉敦子)は11月21日、東京地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、麻祐一弁護士(電話03-6426-5263)が選任されている。

 

シノダソーイング(有) 中国人技能実習生6人に賃金不払い

岐阜・関労働基準監督署は中国人技能実習生6人に約1000万円の賃金を支払わなかったとして、シノダソーイング㈲(岐阜県関市)と同社の代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反などの疑いで岐阜地検に書類送検した。違法な時間外・休日労働もさせているという。

スポンサード リンク

[ 2018年12月 1日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ