アイコン 武漢居住一時帰国の韓国人整形客が感染 医師も発熱 韓国企業の対応

 

スポンサード リンク
 

韓国で4人目の「武漢肺炎コロナウイルス」感染者が出た。

韓国の疾病管理本部は27日、「発生地の中国・武漢を訪れ、今月20日に帰国した韓国人男性(55)が韓国で4人目の新型武漢肺炎コロナウイルス感染症に感染していることが確認された」と発表した。
26日には武漢に居住していた韓国人男性(54)が3人目の感染者であることが確認されるなど、中国最大の年中行事である春節(旧正月、1月24日~30日)を迎え、韓国で感染確定例が2日連続で出た。

入国2日以内に隔離措置・感染確定診断を受けた1人目と2人目の感染者とは違い、3人目と4人目の感染者は、韓国人で帰国後5日間以上隔離されず、市内などを移動していた。

3人目の感染者は20日に入国してから25日に5日間隔離されず、ソウル・江南のホテル、一山のデパート・大型スーパーなどを歩き回って74人と接触し、「スーパー・スプレッダー」(感染を拡大させる感染源となる患者)の可能性が高いことが分かった。

武漢在住し春節で一時帰国していた。その間、江南の整形外科医院で治療を受けており、医療関係者のうち1人が発熱、保健当局では武漢コロナウイルスの感染有無を調査している。
(韓国人は男性も整形する人が急増している。故・盧武鉉氏も大統領当時整形するという整形大国。中国からも整形目的に押し寄せていた)

4人目の感染者は20日に入国したが、26日になって京畿道平沢市内の病院で肺炎と診断されて隔離され、27日に武漢肺炎コロナウイルスの感染が確認された。

1人目は中国人旅行者、2人目は武漢からの帰国者の韓国人だった。

<韓国企業の対応>
1、ポスコは、武漢に自動車鋼板加工工場があり、中国政府の指示通り、春節を2月2日まで延長し、韓国人駐在員4人の帰国を検討している。
2、現代自動車と起亜自動車(現代自動車グループ)は、現地社員に外出自粛令を出し、全系列企業に中国出張自制を通知した。
3、LGは、家電製造工場とのやり取りがあるが、可能な限り中国出張を控えるように通達、また新規フル稼働を控えた広州の最新有機EL工場の韓国側関係者も注意するよう呼びかけている。
4、SK総合化学は、旧正月連休(韓国、1月24日~27日)前に現地駐在員十数人を帰国させ、武漢出張禁止令を出した。工場で働く中国人従業員約3000人にはマスクや消毒薬などを支給、会議の禁止、食堂の閉鎖措置を取っている。
5、大韓航空とアシアナ航空は26日から、中国路線の客室乗務員にマスクを着用させた。
6、ロッテホテルは、ソウル中区や済州島など主なホテルのチェックイン・デスクにサーモグラフィー・カメラを設置し、客らが発熱しているかどうかをチェックしている。
以上、

 

[ 2020年1月29日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産