アイコン 韓国女子米留学生 恋人に死ね4万7千通 男性うつ病自殺

 

スポンサード リンク
 

韓国の人は断言型でカルトがひじ用に多い。男女の別なく、強が弱を支配する構造もはっきりしている。

米ボストン大学に留学していた韓国の女子学生が、交際相手の男子学生に何百回も「死ね」といったメッセージを送り付けて自殺に追い込んだとして、過失致死罪で起訴された。米マサチューセッツ州の検察が発表した。
ユー被告は、現在、出身国の韓国に帰国しているといい、検察は同被告が自発的に米国へ戻ることを期待するとしながらも、「もし戻らない場合は、権限を行使して連れ戻さなければならない」とした。

同州サフォーク郡地区検察によると、ボストン大学の学生だったアレクザンダー・ウーテュラさん(当時22)は、卒業式を目前に控えた5月20日、立体駐車場から飛び降りて自殺した。

交際相手だったインヤン・ユー被告は、ウーテュラさんの居所を追跡し、自殺の現場に居合わせていた。
2人は1年半にわたって交際していたが、この間、ユー被告はウーテュラさんに対する暴言を繰り返し、身体的、精神的な暴行を加えていたとされる。

2人がやりとりしていたメッセージを捜査員が調べたところ、ユー被告はウーテュラさんに対し「自殺しろ」「死ね」といったメッセージを送り、自分も家族も世界もウーテュラさんがいない方がいいなどと言い放っていた。

ユー被告は、こうした「要求や脅し」を繰り返し、精神的にも感情的にもウーテュラさんを「完全支配」していたとされる。
ウーテュラさんがうつ状態にあることを認識しながら、何百回にもわたって自殺を促し、ウーテュラさんが自殺するまでの2ヶ月間に送り付けたメッセージは4万7000通(1日平均738通)を超えていた。

ボストン大学によると、ユー被告は2020年5月に卒業予定だったが、今年8月から講義を欠席しているという。ウーテュラさんは生物学を、ユー被告は経済学を専攻していた。
以上、CNN参照
異常
アメリカの刑は韓国より非常に厳しい。自主的に米国へ行かなければ、米国政府は犯罪人引渡し条約に基づき、韓国政府に対して、当該女性を引き渡すように要求する。
ただ、米国で刑を受けたとしても、今度は韓国政府が犯罪人引渡し条約により、米国で収監中の当該の女性を連れ戻し、韓国で許永中のように優雅な獄中生活をさせるのだろう。
 

[ 2019年10月30日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ