アイコン 『プロデュースX 101』プロデューサー2人逮捕 ヤラセ 投票詐欺

 

スポンサード リンク
 

韓国の大手エンターテインメント関連企業CJ ENM(CJは旧サムスン財閥系)が運営する音楽専門チャンネル「Mnet」のオーディション番組『プロデュースX(エックス)101』で、視聴者投票操作疑惑が持たれていた制作スタッフ2人が逮捕された。

ソウル中央地裁のミョン・ジェグォン令状担当部長判事は5日、番組制作を担当したアン・ジュンヨン・プロデューサーとキム・ヨンボム・チーフプロデューサーの逮捕前被疑者尋問を行い、逮捕令状を発行した。

令状発行の理由について、ミョン・ジェグォン部長判事は「犯罪の疑いが疎明され、事案が重大である」と明らかにした。
拘束されたキム・ヨンボム・チーフプロデューサーは、ポッドキャスト番組『ナヌン・コムスダ』キム・ヨンミン・プロデューサーの実弟。

警察は、逮捕された2人のほかにも制作スタッフと芸能事務所関係者の2人の逮捕令状も請求したが、裁判所は「現段階で拘束の理由と必要性、相当性を認めるのは難しい」として請求を棄却した。

『プロデュースX101』はアイドル練習生101人が出演、視聴者投票の順位に基づき11人をアイドルとしてデビューさせるオーディション番組。

今年7月に最後の生放送で人気が高かった練習生たちが脱落、予想外の練習生たちがデビューして投票操作騒動が巻き起こっていた。

最後まで残った練習生20人の視聴者テキストメッセージ得票数を公表したが、1位と2位、3位と4位、6位と7位の間の得票数差が2万9978票と全く同じだった。

視聴者たちは「1位から20位までの得票数がすべて『7494.442』の倍数だった」と操作疑惑を提起した。
この騒動が広がると、Mnetはアン・ジュンヨン・プロデューサーら制作スタッフに対する捜査を警察に依頼した。
視聴者たちも真相究明委員会を作って制作スタッフを詐欺や偽計業務妨害などで告訴・告発した。
オーディション番組『プロデュース101』シリーズは2016年に放送されたシーズン1から公正さに関して騒動になっていた。
シーズン1では重複投票、シーズン2と3では特定の練習生の分量を増やしたり、削除したりするといった「悪魔の編集」騒動が起こった。
上位練習生20人が残ったシーズン2の最終回では、投票数が1612万票に達するほど熱い反響を呼び、これまでのオーディション番組で最多投票者数を記録した。

同番組シーズン2を通じてデビューしたアイドルグループ「Wanna One」は2017年の各種新人賞を総なめにした。
今回問題となったシーズン4『プロデュースX101』もオンライン投票や生放送テキストメッセージ投票数を合計すると1363万票を記録した。

Mnetは2009年のオーディション番組『スーパースターK』で認知度が上がった。
この日拘束されたキム・ヨンボム・チーフプロデューサーは2002年にCJ ENMに入社、2009年からオーディション番組『スーパースターK』シーズン1~3などを担当したオーディション番組の専門家。
『スーパースターK』はシーズン1からケーブルテレビチャンネル放送史上最高視聴率の7.7%を記録した。
同じく拘束されたアン・ジュンヨン・プロデューサーも『スーパースターK』シーズン2からキム・ヨンボム・チーフプロデューサーと一緒に番組制作を手がけていた。

捜査を担当しているソウル地方警察庁サイバー捜査隊は、ソウル市麻浦区上岩洞のCJ ENM本社や、練習生が所属している芸能事務所などを数回家宅捜索した。
警察の捜査の結果、候補者の順位が一部入れ替わっていたことが確認されたほか、制作スタッフが携帯電話の内容を消去するなど証拠の一部を隠滅しようと試みた痕跡が発見された。
制作スタッフが芸能事務所からソウル市江南の飲食店などで数回接待を受けていたことも一部確認された。
Mnetは同日、「『プロデュースX101』に関して、物議を醸していることを深く謝罪する。捜査の結果に基づき、責任を取るべき部分については必ず責任を取る」という謝罪文を発表した。
以上、韓国紙参照

日本のTV局は番組制作の発想が乏しくなり、番組作りができなくなっている。
どこのチャンネルを回しても同じような(クイズ・雑ネタ・健康などの)バラエティ番組と刑事モノばかり。NHK+Eテレさえその傾向が多く現れてきている。
しかも、それぞれがマンネリも極地次元。
これはスポンサーが電通や博報堂に広告予算を任せて視聴率だけに注目していることにある。また、TV局の制作能力が喪失していることにある。
そうしたことからか、最近、韓国ドラマのリメイク版が多くなってきている。『プロデュースX101』というオーディションバラエティまで導入している。
日本でも韓国と同じように日本の貧相なプロデューサーの中から逮捕者が出ることになるのだろうか。

ネットにTV視聴者を奪われる日は、もう来ており、その対策なる番組作りなどの発想はない。

日本の音楽事務所が、韓国の音楽事務所と提携して、K-POPPの日本公演を仕掛けて儲け、日本の音楽シーンをダメにしてしまった新興音楽事務所、それに追随して、過去の芸能人たちの文化遺産を食い潰す従来からの日本の音楽事務所。

[ 2019年11月 6日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ