アイコン 追報:(株)コパル・エヌ・ダブリュー、(株)コパル・ティー・エム・ユー(愛知)/破産開始決定

 

スポンサード リンク
 
 

既報。自動車部品試作や金型製造の(株)コパル・エヌ・ダブリュー(愛知県豊田市高岡町東浦***)と関連の(株)コパル・ティー・エム・ユー(同、同)は1月6日、名古屋地裁岡崎支部において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、天野太郎弁護士(電話0564-59-3217)が選任されている。

負債額は、コパル・エヌ・ダブリューが約8億円、コパル・ティー・エム・ユーが約3千万円。

(株)コパル・エヌ・ダブリューは昭和48年10月設立の自動車部品の試作およびプレス用金型製造会社。以前は12億円以上の売上高を計上していたが、リーマン・ショック後、自動車メーカーや部品会社が海外へ出て行ってしまい、同社の受注は減り続け、令和元年9月期には3億円台まで売上高が落ち、赤字から債務超過状態も続き、先行きの見通しも立たず、今回の事態に至った。

[ 2020年1月23日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産