アイコン 気になる倒産記事 パン屋の倒産/未払い給料/リーマン以来倒産増加

 

スポンサード リンク
 
 

本日、ウェブニュースの中で気になった倒産ニュースを紹介。

最近、突然自分の勤めていた会社が倒産、閉鎖し給与未払いで困惑している人たちのニュースをよくみるが、そんなときにどうしたらいいか、労働者健康安全機構が未払い賃金の立て替え払い制度などを詳しく紹介してる(日経新聞は基本有料だが無料会員でも10本までみることができる)。

日経新聞
倒産で解雇時の未払い給与は?

流通ニュースが掲載しているが、帝国データバンクのパン製造小売業者の倒産動向調査が元になった記事。

「パン製造小売」を主業としている事業者の2010年~2019年の倒産(負債1000万円以上の法的整理)について分析、同調査は今回が初めてとのこと。

昨今、パン屋ブームではあるがやはり競争激化などで苦しい店も多いようだ。

2019年の倒産件数は31件で前年比2.1倍となり過去最多を更新。負債総額は、18億200万円となり、負債5億円以上の倒産は、大阪・兵庫エリアにて手作りパンの店「Copenharvest」を約18店舗展開していたCH(大阪府)の倒産。

負債規模別では、「5000万円未満」が22件と、小規模倒産が7割を占めているという。

脱サラし、夢を描いて始めるのもいいがやはりなかなかそう簡単にいかないようで、コンサル契約付のスタートもいいかもしれない。

流通ニュース
パン屋の倒産/2019年過去最多31件、競争激化・後継者難も

0214_03.jpg
ぱくたそ

こちらは東京商工リサーチの「全国企業倒産状況」が元の記事。

2019年の負債総額1000万円以上の企業倒産は前年比1.7%増の8383件となり、リーマンショック時の08年以来、11年ぶりに前年を上回ったというショッキングな見出し。

ただ一方で、負債総額は前年比4.1%下がっており、総額は過去最悪の2000年(23兆8850億3500万円)の5.9%、リーマンショック時の08年(12兆2919億5300万円)に比べても11.5%の低水準としている。

人材不足倒産を指摘しているが、おそらくだが、現在は簡単に起業できるため小さな起業家らが行き詰ったのではないだろうか。

ニッポンドットコム
2019年の企業倒産:リーマンショック以来11年ぶりの増加、人手不足関連が過去最多

 

以上

 

 

[ 2020年2月14日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産