アイコン 英家庭用品ブランド「ローラアシュレイ」/破綻 法的整理へ

 

スポンサード リンク
 

「ローラアシュレイ」ブランドのファッションや雑貨・家具を手掛ける英ローラ・アシュレイ・ホールディングスは17日、資金繰りの悪化を理由に法的整理手続きに入る方針を発表した。

「新型コロナウイルスの感染拡大が(事業に)大きな影響を及ぼした」と説明している。

ローラ・アシュレイ(Laura Ashley)は、イギリス・ウェールズ出身のファッションデザイナー。自身のデザインによる花柄に特徴を持ったカラフルな布地を用いた衣料品・家庭用品によって、世界中に名前が知られるブランドを築いた。

ローラは1985年に階段から落ち60歳で死去、1990年には過剰出店で経営危機に、米人マクスミンがCEOになり黒字化するも株主たちにより更迭され、CEOが二転三転、1998年にマレーシアの企業グループMUI Asiaが大株主となり、それまで主力としていた衣料品を縮小し、家庭用雑貨品を主力にする店舗に変貌させていた。

日本ではイオンから伊藤忠商事が総代理店になっている。

0318_01.jpg

[ 2020年3月18日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産