アイコン 中国・韓国からの入国者に対し2週間の隔離措置へ 日本政府

 

スポンサード リンク
 

日本政府は、感染元となり、現在でも感染者数の絶対数が多い中国と、感染が拡大し続けている韓国からの入国者に対して2週間の隔離策を採る方針を閣議決定した。

これに対して、韓国では文大統領の御用新聞「ハンギョレ新聞」が、「防疫失敗による袋だたきで、韓国発の入国者2週間隔離」という見出しを1面に掲げ「日本の強力な措置は、日本国内で新型コロナウイルスが広がり、安倍政権への批判が強まっていることが影響したとみられる。東京オリンピックの延期や中止論まで出る中、これを遮断する意図もあるとみられる」と伝えた。

クルーズ船除けば日本の20倍の感染者、入れても6倍の感染者の韓国、習主席の来日が延期になり、肩の荷が下りた安倍首相は、上海市などが日本からの入国者に対して行っている2週間隔離を、中韓からの入国者に対して同時に行うと発表した。
水道の蛇口を全開にして水道管の破裂を治すことはできない。日本政府が韓国からの入国者に指定場所での2週間の待機を要請する措置を決めたことについて韓国外務省は、過度な措置で極めて遺憾だとしたうえで、日本に対して可能な措置をすべて検討していると明らかにした。
韓国外務省は、日本政府が新型コロナウイルスの感染者が多い韓国からの入国者に指定場所での2週間の待機を要請する措置などを決めたことについて6日朝、声明を出した。
この中で日本側に追加の措置については慎重な検討を促したにもかかわらず、韓国側との十分な協議をせずに過度な措置を取ったことは極めて遺憾だとしたうえで、再考するよう求めた。

また、韓国政府が感染拡大を防ぐために総力をあげ、成果が見えてきた段階で今回の措置が取られたことに水際対策以外の意図があるのではないかと疑うほかないとしている。
そのうえで6日、ソウルに駐在する日本の冨田大使を呼んで趙世暎第1次官が抗議する予定だと明らかにした。

そして国民の安全を最優先に考慮し、日本に対する渡航情報のレベルを、報復して引き上げるなど可能な措置をすべて検討しているとしている。
韓国は、日本での新型コロナウイルスの感染拡大を受けて現在、4段階のうちもっとも低いレベルの渡航情報を出して日本への旅行に注意を呼びかけている。

また、丁世均首相も6日朝、日本の措置に言及し「日本政府が、事実上の全面的な入国禁止措置を取り、非常に遺憾だ。過度で不合理な措置を直ちに撤回することを求める。韓国政府も適切な対応措置を講じていく」と述べた。
以上、

官民あげてのボイコット・ジャパンにより韓国からの訪日客は激減しており、韓国政府は今回の日本の措置を・ぶべきではないだろうか。

韓国は中国に対する措置を講じないことから、大統領請願で「中国からの入国を禁止しよう」の請願に対する賛同が100万を突破し、大統領弾劾要求まで出て10万を突破、これは本人確認審査がかけられ、本式に審査検討することになった。
韓国政府当局は「感染を拡大させているのは中国人ではなく、帰国した韓国人だ」と発言し、国民から袋叩きになっている。

まだまだ新興宗教の「新天地イエス会」の信者26万人あまりを感染検査するごとに感染者は増加しており、教団の感染者の検査が終われば、増加数は僅かになろうが。
6日00時発表(5日の分)でも前日比518人増の6,284人となっており、累計隔離解除者(治癒者)は108人(陽性から陰性になった人だけかは不明)。死亡者は42人。

感染検査能力があっても、感染を拡大させては何の意味もない。
愚かな韓国の高官は、潜在感染者数は韓国より日本が多いと勝手な論調を繰り広げ、韓国民に対して日本の恐怖を煽っている。
日本を叩けば知名度があがり総選挙で議員になれると思っているのだろう(4月15日の総選挙に立候補予定)。

中国では、現在感染者数が最大になったのは5万8千人台の2月18日、それから15日間を経て半分以下に減っている。それでもまだ2万3,853人と多く、累計感染者数は8万0,711人となっている(死亡3,045人、治癒者53,813人)。
(うち、1,100万都市封鎖と国家あげての防疫体制再構築に動いた武漢市の現在感染者数は20,115人、累計感染者数は49,797人、死亡者は2,328人、治癒者は27,354人となっている)

現在感染者数で言えば、武漢市を除いた現在の中国は、韓国より少なくなる。
数値は3月6日午前00時現在してそれぞれの国当局が発表している数値(信頼指数は別)。

以上、

日本は、中韓の感染者数が、こうなったら、こうするという具体的な方策を相手に示すべきではないだろうか。
日本は浙江省(人口5400万人、韓国より多い)からの入国を禁止しているが、現在感染者数は73人となっている。累計感染者数は1215人、死者1人、例えば、現在感染者数が、50人以下が2週間以上続いた場合、解除するとか(その間に0に近い数値になろうが)、何らかの計画を立て、それを開示しなければ、中国の各省の硬化も、さらに強める可能性もある。外交の駆け引きも大事だ。

何か中国に対しては極端すぎる。
韓国だけだと反感を買うことから、生贄にしたのだろう。
中国訪日客には別の入口にし、入国審査を一人ひとり厳格にするなどの方策もあったと思われる。そして次の段階が、2週間隔離、実質入国禁止ではないだろうか。
上海市が日本に対して行った報復とみなされようか。(常在人口24百万人の上海の現在感染者数は33人、人口1億14百万人の広東省は134人、うち深セン市は57人)

それより、まず、日本を増加基調から平らにし、減らすのが先決だろうが・・・。増えなければ、重症者は残ろうが、2週間で白黒は付く。
日本国民に、お金と宴会とお酒が大好きな自民党の先生方に、2週間最大限我慢してもらうことだ。罰則規定も必要だろう。

 

[ 2020年3月 6日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産