アイコン 三菱重工長崎造船所香焼工場 5月末に大島造船所へ売却へ

 

スポンサード リンク
 

三菱重工は、大島造船所と交渉を進めてきた長崎造船所香焼工場の売却について、今年5月末に契約を結ぶ方向で調整を進めている。
三菱重工は、主力の長崎造船所のうち長崎市にある香焼工場について、昨年12、長崎県西海市の造船大手「大島造船所」に売却する検討に入ることで合意し、両社の間で交渉を進めている。

これまでの交渉で両社は南側の新しい船を造るエリアを売却する一方、北側の船の修繕を行うエリアは売却しないことで合意したという。
そのうえで両社は、電気やガス、水道などの施設について調整を進めることにしていて、当初の予定の3月を2ヶ月延期し、今年5月末に売買契約を結ぶ方向で調整に入った。

昭和47年に完成した香焼工場は長さ1キロのドックを持ち、LNG=液化天然ガスの運搬船などを建造できる三菱重工で最大規模の拠点だったが、このところは造船業界の激しい国際競争にさらされ、客船造っても大損、コンテナ船造っても大破沈没事件まで発生させてきた。
三菱重工は香焼工場の残される拠点で、より収益が確保しやすい大型クルーズ船の修繕事業などに力を入れることにしている。
以上、報道など参照

あっさり、国の予算がいくらでも付く軍艦以外の造船業から撤退すればよいものを・・・。変な未練は危険でもある。三菱全般、目先経営しかできない経営者たちの問題から開発技術者の質が落ちすぎている。開発研究技術者を大事にしない製造業など東南アジア以外ありえない。三菱グループにどれほど製造業で今後とも経営を維持できる企業があるというのだろうか。
過去、三菱重工などがリストラした技術者たちが韓国へ行き、韓国を造船大国に仕立て上げた。今でも日本語の造船用語が造船現場では使用されている。

0318_02.jpg

[ 2020年3月18日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産