アイコン 都道府県別 27日までの感染状況1516人、10日間で700人増

 

スポンサード リンク
 

すでに日本の大都市では感染ルート不明の感染者が続出しだしている。市中に感染が広がっている証。大阪では27日20人の感染者が出たが、阪神タイガーズの3人が感染、それもどこで感染したのかは不明。また選手の感染者たちはこれまでに多くの選手と会食をしており集団感染が危惧されている。

最近の東京は病院の集団感染が発生しているもの、大勢は感染源不明の感染者。

福岡でも帰国者関連を除き、感染源がわからない人たちばかりが発生している。日本の入管は入国健康調査とその後の健康チェックが曖昧やミスも多く、帰国者や入国者による市中への感染が広がっている。

感染していても無症状ならば、チェックにもかからず、入管も難しい対応を迫られているが、入国禁止や入国規制を課したものの入国者がいる以上、現在の韓国方式を取り入れることも必要だろう。

入口を強固に防御しなければ、「コロナウイルスさん、いらっしゃ~い」になってしまう。

東京や大阪は特にそうした入国者・日本人の帰国者により、ウイルスがばら撒かれているものと見られる。

日本政府方式は、感染者を出しても死者を出さない方式かもしれないが、すでに52人の死亡者が発生している現実がある。

チャックを開けたままタレ流しでは、裾野が拡がるばかり、高齢者施設や病院へのウイルスの本格的な攻撃が各方面から始まれば、病院は長期入院が必要となる高齢の重症者でいっぺんに埋まり、いよいよ医療パニックに陥る。外国人入国者は、厳重な健康チェックを行い、擬似者は即感染検査へ、そうでない人たちは14日間自己隔離させ、毎日専用アプリで健康や行動を報告させる必要がある。居所が定まらない人は、隔離施設に入れるか、入国拒否すればよい。

自己隔離の違反者が出た場合、外国人だった場合は国外追放すべきで、帰国者ならば高額罰金刑に処すべきだ。

日本政府や東京都は、五輪延期確定で堰を切ったように対策を講じているが、どこまで本気度があるのかわからない。世界中、日本国中、ここまでくれば外交より国民の健康だろう。

イギリスでは首相も感染している。

クラボウの超短時間の感染検査簡易キットは16日から納品が開始されており、月末までには島津製作所の独自の短時間簡易感染検査キットが納品される段取りになっている。

現在の日本政府の検査基準は倦怠感があっても4日以上発熱が続かなければ、検査を受けられない日本政府の検査システムは、そうした検査体制も整い、もうそろそろ切り替えるべきではないだろうか。

4日間も発熱が続いたら発症全開、感染力も強力になっている。

大分の例では、診療所受診⇒医師会病院、そして国立病院へと緊急搬送され、国立病院では肺炎でも異なる病名と診断、結果、国立病院では医師や看護師の10人と県立病院の看護師1人が感染し、入院患者も含め全体で24人が集団感染している。

倦怠感・発熱・食欲不振の初期症状の情報が、診療所から医師会病院や国立病院に確実に伝わっていたか問われている。それほど発症者の感染力は強いという例だ。

東京都のHPでは感染検査を受けられる者は37.5度以上が4日以上となっている。そうした人たちがその間、検査も受けられず、買い物したりして市中にウイルスをばら撒いている。

 

 

日本の感染状況 

20203

27

26

25

24

17

3/1

合計

1,516

1,401

1,305

1,199

863

256

 

  前日比

115

96

106

61

28

15

1

東京都

299

259

212

171

102

39

 

  前日比

40

47

41

17

12

2

2

大阪府

176

156

149

142

108

4

 

  前日比

20

7

7

8

0

0

3

北海道

169

168

167

163

152

72

4

愛知県

160

157

154

148

123

32

5

兵庫県

123

120

119

118

82

1

6

神奈川県

104

93

87

82

59

25

7

埼玉県

73

67

60

58

30

1

8

千葉県

63

56

53

48

31

14

9

京都府

35

34

31

25

17

2

10

新潟県

30

29

29

28

21

1

11

大分県

27

25

25

23

1

 

12

和歌山県

17

17

17

17

15

13

13

岐阜県

17

15

12

9

2

2

14

福岡県

16

12

9

6

3

3

15

群馬県

14

14

14

13

10

 

16

茨城県

13

10

10

10

1

 

17

高知県

13

12

12

12

12

2

18

栃木県

11

11

10

6

2

1

19

熊本県

10

8

8

7

6

5

20

奈良県

9

9

9

9

8

1

21

三重県

9

9

9

9

8

1

22

福井県

9

5

1

1

 

 

23

石川県

8

8

8

8

7

6

24

青森県

6

6

6

2

 

 

25

滋賀県

6

6

5

5

4

 

26

山口県

6

6

5

4

3

 

27

沖縄県

6

6

5

5

3

3

28

長野県

6

5

5

4

4

2

29

山梨県

4

4

4

2

2

 

30

広島県

4

4

3

3

1

 

31

秋田県

4

2

2

2

2

 

32

愛媛県

4

3

3

3

2

 

33

静岡県

3

3

3

3

3

1

34

宮崎県

3

3

3

3

3

 

35

福島県

2

2

2

2

2

 

36

長崎県

2

2

2

1

1

 

37

宮城県

2

2

1

1

1

1

38

岡山県

2

1

1

1

 

 

39

徳島県

1

1

1

1

1

1

40

香川県

1

1

1

1

1

 

41

佐賀県

1

1

1

1

1

 

42

鹿児島

1

1

 

 

 

 

 

厚職員+検疫官+入管

33

34

33

28

15

9

 

チャーター機

14

14

14

14

14

14

 

合 計

1,516

1,401

1,305

1,224

875

258

 

クルーズ船

712

712

712

712

712

706

 

総 計

2,228

2,113

2,017

1,936

1,587

964

 

国内死亡

52

47

44

42

36

 

 

クルーズ死

10

10

10

10

 

 

 

死者計

62

57

54

52

 

 

 

日本の集団感染等 COVID-19

3月27日現在

 

感染数

集団発生地

北海道

169

札幌・ライブバー

16

北見・展示会

21

新潟県

30

中央区・卓球教室

17

千葉県

63

市川スポーツジム

5

市川デイサービス

6

東京都

299

屋形船

15

足立区家族

5

永寿総合病院

14

慶応大病院(永寿総合病院入院患者受け入れ)

4

帰国者の感染および二次感染が多い

神奈川県

104

相模原中央病院

7

相模原駅

6

相模原福祉施設

8

鎌倉家族

5

愛知県

160

名古屋・スポーツAB

39

名古屋・デイサービス

53

名古屋第二赤十字病院

 

大阪府

176

ライブハウス京橋Arc(終息)

44

ライブハウスUmeda(終息)

63

ライブハウスRumio(終息)

6

ライブハウスFANJ twice(終息)

7

↑複数重複(他県者含む)

阪神タイガーズ

3

和歌山県

17

済生会有田病院(済)

11

兵庫県

123

姫路・仁恵病院

14

介護グリーンアリス伊丹

17

東灘区聖ニコラス天使園

7

東灘区デイケア施設

5

北播磨総合医療センター

5

仁科整形外科介護施設

7

宝塚第一病院

8

ろっこう医療生活協同組合灘診療所

2

群馬県

14

「ましも内科・胃腸科」

7

埼玉県

73

ナイル川クルーズ/東京も

 

大分県

27

国立病院機構大分医療センター

24

岐阜県

17

可児市の2つの合唱団

11

可児市のスポーツジム

福井県

9

福井市内の家族感染

4

熊本県

10

温泉施設「ピースフル優祐悠」

3

・感染者数はその後増えている案件がある

 

 

[ 2020年3月28日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産