アイコン 鹿児島市 また運転トラブルで事件 作業員2人が大学生を引きずり出し暴行か

スポンサード リンク

15日、鹿児島南署は鹿児島市内で運転を巡りトラブルとなった男子大学生(19)の軽自動車を約2キロ追走した後、暴行を加えてけがを負わせたとして、傷害などの疑いでいずれも解体作業員の20代男性2人を逮捕した。

以上報道より参照

事件は昨年12月16日午前0時40分ごろ、鹿児島市新栄町の駐車場で、男子大学生の軽自動車のガラスなどを工具で割り、男子大学生を車から引きずり出した上で殴る蹴るなど暴行し、頭部に全治10日間のけがを負わせたというもの。

容疑者らは、事件前に繁華街で飲んでいたとみられ、酒の上で気持ちが高まっての行動か。

さらに同事件の約30分後、無免許の容疑者と運転を交代して運転中の山元容疑者が男性会社員をひき逃げしたため、ひき逃げの容疑でも逮捕されている。

飲酒運転、無免許、暴行、ひき逃げ・・・、酒の上の過ちだけでは済まないだろう。

 

 

鹿児島南署は15日、鹿児島市内で運転を巡りトラブルとなった男子大学生(19)の軽自動車を約2キロ追走した後、暴行を加えてけがを負わせたとして、傷害などの疑いでいずれも解体作業員の****容疑者(28)と、****容疑者(28)を逮捕した。

配信2018.1.15 13:28

産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/180115/wst1801150054-n1.html

スポンサード リンク
[ 2018年1月15日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ