アイコン 比ルソン島のマヨン山噴火 噴煙5千メートル 住民避難済み

 フィリピン・ルソン島の首都マニラの南東約340キロのアルバイ州にあるマヨン山(2460メートル)が22日午後、噴火した。
 噴煙は、上空約5キロの高さまで上がった。
フィリピン火山地震研究所は、火口から8キロ以内の危険区域への立ち入りを控えるよう勧告している。
 マヨン山では、1月中旬から活発な噴火活動が続いている。
ロイター通信によると、ふもとの住民約4万人がすでに避難しているという。

スポンサード リンク

0123_06.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年1月23日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ