アイコン 観光地のインド洋モルディブで非常事態宣言 中国軍港建設供与へ

中国の一帯一路戦略は、経済支配と軍事支配を共存させながら進めている。南シナ海の要塞建設、金に物を言わせ、スリランカ南端に軍港を建設して供与させており、今度はモルディブに軍港を建設する計画で、インド包囲網を軍事的に構築しようとしている。

日本人観光客も多く訪れるインド洋の島国モルディブでは、政治犯の釈放を命じた最高裁判所とそれを拒否する大統領との対立による混乱から政府が非常事態宣言を出し、観光への影響も懸念されている。

モルディブでは今月1日、最高裁判所が反テロ法違反の罪に問われたナシード元大統領の有罪判決の無効や政治犯として収監されている野党指導者らの釈放を命じたが、ヤミーン大統領がこれを拒否する姿勢を見せ、対立が深まっている。

スポンサード リンク

首都マレでは、野党支持者らがデモを行うなど混乱が広がり、政府は5日、15日間の非常事態宣言を出した。
ヤミーン大統領は、2013年に大統領に就任して以降、野党の幹部らを次々と逮捕するなど強権的な政治姿勢をみせ野党側の反発が強まっている。
また、最近では中国とFTA=自由貿易協定を締結するなど急速に関係を深め、過度の中国依存だとして懸念の声も出ている。

モルディブは、最近急増している中国人をはじめ年間120万人が訪れる世界的に人気のリゾート地で、日本人も約4万人が訪れ、政治的な混乱が拡大すれば観光への影響も懸念されている。

現地の日本大使館は首都マレに滞在する日本人に対し、不要不急の外出は控えるよう呼びかけている。
以上、
  

スポンサード リンク
[ 2018年2月 6日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ