アイコン 韓国人の反日の脅威 日本産食品輸入45%が全面禁止求める

フクシマ原発事故が発生して約7年が過ぎている中で、韓国人のほとんどは依然として日本産食品輸入を全面禁止、または特定品目の輸入禁止を望んでいることが明らかになった。

韓国の食品医薬品安全処が26日、国会保健福祉委員会の崔道子(チェ・ドジャ/韓国第2野党の国民の党所属)議員に提出した「放射能国民認識の調査委託事業報告書」によると、韓国消費者連盟が昨年全国の18歳以上の男女1023人を調査した結果、回答者の70.4%は「日本産水産物輸入規制がよく行われていない」と答えたことが分かった。

輸入規制を続ける必要があるかとの質問には55.3%が「輸入規制を強化しなければならない」と答え、37.2%は「非常に強化しなければならない」と答えて92.5%の回答者が輸入規制の持続・強化を望んでいた。

輸入規制を強化する方法では「フクシマ原発放射能問題が解消されるまで日本産食品の輸入を全面禁止しなければならない」が45.5%、「少なくとも特定地域の産物、または特定品目(水産物など)に対しては当分無条件で禁止しなければならない」が39.6%だということが明らかになった。

スポンサード リンク

フクシマ原発爆発事故以来、日本製品の購入頻度を聞いた質問に半分以上が水産物(55.3%)、農産物(56.3%)、乳製品(52.8%)を「購入しない」と答えた。また、化粧品および加工食品(37.5%)とその他の工業製品(35.3%)を購入しない割合も高かった。

日本産水産物を購入しなかったか、頻度を減らしたと明らかにした人の79.2%はその理由を「依然として日本産水産物は不安であるため」と説明した。
「日本産水産物の放射能がほとんど検出されないとしても購入しない」という回答も59.5%に達した。

チェ議員は「フクシマ事故が起きて7年になったが、日本産水産物に対する国民の不安は相変わらず存在」として「調査結果を基に輸入規制と食品放射能管理を徹底するなど国民の不安を払拭させるためにより一層努力しなければならない」と強調した。
以上、

ロウソク民心教信者が国民の7割、反日の集団ヒステリー状態が長期にわたり執拗に執拗に続く韓民族。手が付けられない。
狂牛病の収束、2008年韓国政府の米国産牛の輸入再開に対し、全面再開停止を求めたデモから「ロウソクデモ」がはじまった。このロウソクデモは大統領になったばかりの李明博退陣要求の政治闘争のロウソクデモに発展した。そのロウソクデモたちが現在の文在寅政権の強力な支持者たちであるとともに、強力な反日勢力でもある。
年間714万200人の韓国の人たちが日本に来て、日本の食材を食している現実。・・・タテマエと本音の違いだろうか。

日本人の韓国土産の定番商品、韓国の味付き海苔は、中国は大腸菌が多すぎるとして輸入を禁止している。
 

スポンサード リンク
[ 2018年1月26日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ