アイコン 長崎県も大雪のおそれ 全国の天気概況

長崎県は、強い寒気の影響で11日夜遅くから13日にかけて、大雪となるおそれがあり、気象台は積雪や路面の凍結による交通影響などに注意するよう呼びかけている。

長崎地方気象台によると、九州北部地方は、上空約1500メートルに氷点下12度以下の強い寒気が流れ込み、11日夜から12日未明にかけては、気圧の谷が通過する影響で、雪が強まるおそれがある。
また、13日にかけても氷点下9度以下の寒気の流れ込みが続く見込みで、県内では、11日夜遅くから13日にかけて断続的に雪が降り、大雪となるおそれがある。

12日午後6時までの24時間に降る雪の量は、いずれも多い所で、南部と北部の山沿いで10センチ、平地で5センチ、五島で5センチ、壱岐・対馬で3センチと予想され、その後も、雪の量は増える見込み。
また、12日朝の予想最低気温は、対馬市厳原で1度、長崎市と佐世保市で2度、五島市で3度と、平年より2度前後低く、年間で最も寒い時期を下回る見込み。

気象台は、積雪や、路面の凍結による交通影響、農作物や農業施設の管理、雪による視界不良に注意するよう呼びかけている。

スポンサード リンク
 

長崎県には注意報が発令されており、風雪や大雪、高波に注意。壱岐・対馬では、空気の乾燥による火の取り扱いに要注意。

なお、全国の天気概況は、
日本付近は、13日にかけて強い冬型の気圧配置が続くでしょう。北日本から西日本では日本海側を中心に大雪に警戒し、なだれに要注意。
北陸地方では、12日夕方にかけて高波に要警戒。

[気圧配置など]
 日本付近は、冬型の気圧配置が強まり、北陸地方の上空約5000メートルに氷点下36度以下、北日本の上空約5000メートルには氷点下42度以下の寒気が流れ込んでいる。
日本付近の強い冬型の気圧配置は、13日にかけて続く見込み。

[防災事項]
<大雪>

 上空の強い寒気の影響で、北日本から西日本では日本海側を中心に、降雪が強まり、大雪となっている。
 北日本から西日本では、13日にかけて日本海側を中心に大雪となる見込み。

 13日6時までの24時間に予想される降雪量は、多いところで、
北陸地方、東海地方  70センチ
東北地方         60センチ
近畿地方         50センチ
北海道地方、中国地方 40センチ
関東甲信地方、四国地方、九州北部地方 30センチ。

大雪や路面凍結による交通障害に警戒し、積雪の多い地域では、なだれに要注意。

<風雪・高波>
 強い寒気が流れ込み、北日本から西日本の日本海側を中心に、広い範囲で雪を伴った強い風が吹き、北陸地方の海は大しけとなっている。北海道地方では引き続き12日夕方にかけて、局地的に猛ふぶきとなる見込み。
 北陸地方の海上では、12日昼前にかけて非常に強い風が吹き、海は大しけとなる見込み。

12日に予想される波の高さは、北陸地方で6メートル。

 北陸地方では、12日夕方にかけて高波に警戒し、北海道地方では、12日夕方にかけて局地的な猛ふぶきや暴風に要警戒。
以上、気象協会

0212_06.jpg
 

[ 2018年2月12日 ]
スポンサード リンク
 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ