アイコン 全日空469便ボーイング777-300 緊急着陸 右エンジン不良

 

 

2月19日午前11時すぎ、羽田発-那覇行き全日空469便ボーイング777-300が、羽田空港を離陸直後、右エンジンのオイル量低下を示す計器表示が出たため緊急事態を宣言。右エンジンを止めて引き返し、午前11時45分ごろ、羽田に緊急着陸した。

国交省東京空港事務所によると、着陸自体に問題はなく、乗客乗員524人にけが人の情報はない。
全日空によると、定刻から約10分遅れた午前10時45分ごろ出発していた。不具合の詳しい原因を調べている。

スポンサード リンク

2月15日には、関西空港発韓国・金浦行き大韓航空2728便ボーイング777-200型機が離陸後、右エンジントラブルのため関空に引き返し、緊急着陸。上昇中に右エンジンに不具合が起きたと管制官に連絡してきたという。

スポンサード リンク
[ 2018年2月19日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ