アイコン インド 中国の一帯覇権に一矢 セーシェルに軍基地建設へ

 

 

インド洋に浮かぶ楽園、セーシェル(イギリスから独立、イギリス連邦加盟国)。白砂のビーチと熱帯雨林で知られるこの国が、中国の影響力拡大に対抗しようとするインドにとっての要衝となりつつある。

インドとセーシェルは1月、アフリカ大陸から約1650キロ東部にあるセーシェルのアサンプション島にインドが基地を建設する計画について、改訂合意文書に調印した。

今回の合意は、数年に及ぶ外交交渉を経て実現した。
これでインドは、急速に戦略的重要性が高まる地域に軍事拠点を築くことになる。

2016年、世界の石油供給量の半分近くに相当する1日約4000万バレルの石油が、ホルムズ海峡やマラッカ海峡、バブエルマンデブ海峡などインド洋の海峡を通過した。

スポンサード リンク

インド洋の中央に位置するインドの貿易は、そうした輸送路への自由で開かれたアクセスに依存する。
インド海運省によると、同国の貿易量の約95%、貿易額の70%はインド洋を経由する。
一方、隣国の中国は、習近平国家主席の下で海軍拠点を大幅に拡大し、中国本土の海岸線を越えて、南シナ海を占領、これまで中国の影響力が及ばないと考えられてきたインド洋・紅海、地中海の範囲にまで進出してきている。

昨年7月、中国はバブエルマンデブ海峡に近いジブチに初の海外軍事基地を設けた。
バブエルマンデブ海峡は、最も狭い部分で幅僅か29キロ。地中海からスエズ運河と航海を経由して、アデン湾とインド洋を結ぶ要衝。

ジブチ基地の開設から僅か数ヶ月後、中国はスリランカの南端のハンバントタ港の経営権を取得した。マラッカ海峡とスエズ運河を結ぶインド洋シーレーンから同港までは、推計によってはわずか22.2キロしか離れていない。

オーストラリア戦略政策研究所のマルコム・デイビス研究員は、ハンバントタ港の経営権獲得について、「インドを犠牲にして、インド洋全域で影響力の拡大を図る中国の断固たる戦略」の一環とみている。

今月に入ると、インド洋の海運にとってもう1つの欠かせない拠点であるモルディブで、中国に土地を収奪されているという反発が強まり、中国はこれを否定する異例の措置に出た。
スリランカと同様、モルディブは以前からインドとの関係が深かった。しかし、ここ数年はヤミーン大統領の下で中国と急接近、中国が掲げる「一帯一路」構想に基づき投資を呼び込んでいる。

モルディブの野党指導者ナシード氏は1月、報道陣に対し、モルディブの対外債務の80%を中国が占めていることから、モルディブもいずれスリランカのように、債務と引き換えにインフラを引き渡さざるを得なくなると語った。
中国は、そうした意図を否定しているものの、インドはこれで中国による囲い込みに対する警戒感を一層強め、改めて地域の同盟を強化する動きに出たと専門家はみている。

インドのシンクタンクNMF所長は、今回のセイシェルとの合意は、インドが領土の安定を守ろうとする取り組みの一環だと指摘している。「我々(インド)には、守らなければならない利益がある。中国がインド洋で大規模な進出を進めるなら、我々の戦略的利益も拡大していかざるを得ない。インドが自らを保全するためにはそれが唯一の方法だ」と指摘した。
以上、CNN

スリランカは、前政権が中国から巨額の賄賂を受け取っていたことが暴露されたが、膨大な中国からの借金に契約を破棄することもできず、中国軍が軍港として再整備しスリランカが貸与している。その後、新政権も中国から賄賂の漬物にされた可能性もある。
モリディブは、中国から借金の漬物にされ、今では中国人観光客も大量に押し寄せ、政治から経済に至るまで中国色になっている。数年前から中国軍の軍港建設の話が持ち上がっているインド洋の楽園。

世界覇権主義の中国は、ミャンマー、スリランカ、モルディブ、パキスタン、イラン、ジブチ、ギリシャに軍港や港を経営しており、すでに中国本土から南シナ海・インド洋一帯の派遣を構築してしまっている。
マレーシアは腐敗首相を中国が招き入れ、インドネシアも親中党が政権。フィリピンもわけのわからないドウテルテが南シナ海の共同開発をうたい中国ににじり寄っている。
欧州では、すべての道は北京に通ずに置き換えられるとして最大限の警戒を示し始めている。しかし、銭をぶら下げられたら、いかんとも仕方がない。
どこの国も政権を維持するためには、経済発展させる必要があり投資が必要、欧州各国財政悪化の中、その投資を中国が覇権の一環で担っている。
オーストラリア北端の港も中国がオーストラリアから超長期の貸与を受けている。その港の隣には駐留米海軍基地があるというから、もう漫画の世界。
中国は今や銭で地球を釣り上げようとしている。

Maleはモルディブの首都、Colomboはスリランカ(昔名:セイロン)の首都
0220_03.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年2月20日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ