アイコン 平昌五輪 倒れた北朝鮮選手が渡辺啓太選手につかみかかる ショートトラック予選 

 

 

20日に行われた平昌五輪・ショートトラック男子500メートル予選で、北朝鮮の選手が見せた行為が問題となっている。問題の行為があったのは、渡辺啓太が出場した7組のレース。

転倒した北朝鮮選手が並走していた渡辺のブレードをつかみにかかり、渡辺ももう少しで転倒するところだった。北朝鮮の選手は失格となった。

スポンサード リンク

北も南も・・・。南はロウソク民心の国民たちがカナダ選手を殺害予告するなど異常際立つ。

世界中が平昌のSNS攻撃に恐怖し、今では身内まで攻撃対象にしている。よほど切れまくり人の30万人の民心集団か、暇人ばかりのようだ。

スポンサード リンク
[ 2018年2月21日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ