アイコン 平昌五輪 オランダ人選手たちは犬発言から韓国でよく思われていない

 

 

スピードスケートのオランダ代表スベン・クラマー選手が自身のSNS上で、賞牌を投げて負傷させたファンに韓国語で謝った。
21日夕方、クラマー選手は他のオランダ選手たちと共にホーランド・ハイネケンハウスで開かれた行事に参加した。その場で受け取った賞牌をファンに渡そうと注意深く投げたが、賞牌が非常に大きく重かったため、2人がけがをして1人はすぐに応急措置を受けた。

クラマー選手は自身のSNSに掲載した韓国語謝罪文を通じて「オランダチームを代表し、昨日夕方、ハイネケンハウスで負傷されたファンの方々に心からお詫び申し上げます」とし「オランダ氷上チームや私を応援して下さるために来てくださったのに、このような事故が起き、心からお詫びを申し上げ、負傷した方々の早い快復を祈ります」と伝えた。

スポンサード リンク

ただ、オランダのスピードスケートの銅メダリストのヤン・ブロクハイゼンが、韓国の犬について「この国で犬をより良く扱ってほしい」(Please treat dogs better in this country)と発言したが、通訳が「犬を食用にしないでください」と訳したため大問題となり、その後も欧米メディアが犬食食堂を取材するなど騒動になった。
オランダ選手団長が22日、韓国の犬食文化を批判するような自国のスピードスケート選手の発言について謝罪した。

韓国は犬食文化が後ろめたいのか韓国のマスメディアは、オランダ人選手たちを良く思わないうちに上記の負傷事件を発生させたため、攻撃対象となった。

それ以前に、USAトゥデイは五輪開幕前日の8日、「犬肉が体に良いと信じているため韓国では随所に犬肉食堂があり、毎年250万匹が食肉処理される。オリンピック競技場付近の食堂でも犬肉を販売している」と伝えた。

また、米CNNのアンカーは11日、「五輪の影に隠れた残酷な犬肉取引」とし、韓国の犬肉食用文化を非難していた。

カナダの金メダリストのメーガン・デュハメル選手が韓国・平昌の食用犬農場から90匹を買い取り、今後、カナダに送るというニュースもあった。

韓国の食用犬は食用目的の特別犬種だとされているが、現実は欧米犬との雑種犬が多く、食用のための特別犬ではないようだ。
地方の高齢者たち犬ならば何でも食べる人たちも多く、大きな超高級犬が家から逃げ出し持ち主が探していたところ、老人たちが近くの公民館で焼肉パーティにして食べてしまったところだったそうだ。

スポンサード リンク
[ 2018年2月23日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ