アイコン 雲仙市議会議員政治倫理条例をご存ですか?

 

 

恐るべしヤスヤスコンビ、こりゃあ県議のヒロポンといい勝負しそうですね。今後の議会の奮闘及び自浄作用と某新聞社の調査に期待しております。

投稿者 = 愛読者(雲仙市民)

雲仙市議会議員政治倫理条例をご存知ですか?

第1条 雲仙市議会議員の政治倫理に関する基本となる事項を定めることにより、議員の政治倫理の確率を図り、そして市政に対する市民の信頼に応えるとともに、公正で民主的な市政の発展に寄与することを目的とする。(第2条は削除)

第3条 議員は次に掲げる政治倫理基準を遵守しなければならない。
 (6)市職員の採用、昇任又は人事異動に関し、特定の個人を推薦
   又は紹介しないこと。
とあります。

 しかしながらこの条例を平気で無視した議員さんがおられます。
それは元村議長さんであります。

0219_04.jpg

この事について一部始終を掲載させていただきます。

雲仙市議会議員のWさんは、元村議長に対して「息子が市職員採用の一次試験に合格した、どうしたら良いか」と相談された。

元村議長は「俺にまかせろ!頼んでやるけん!」と言われた。

当然上記の条例を無視した違反行為である。と同時に不信任に値する。議員さん方は議長不信任動議は提出されないんですか?

その後、W議員さんのご子息は合格されました。(現在は市長であろうが議長であろうが口利きの出来ない第三者委員会で決定する制度になっている)実力で合格されました。

しかしながら今回、ヤス・ヤスコンビは、これをネタに自分の存在で合格したようにW議員に恩をきせ、1月29日の臨時議会において、奨学資金関連の議案と酒井副市長再任案に否決するように要請されたそうです。

本来ならば、議長たるべき議員は、市長や理事者側からの条例などの議案について事前に協議し議会運営を円滑にするのべきなのに、自ら賛否に介入することは言語道断であり許されることではありません。

元村議長は不信任に値するものであります。
この件については某新聞社がすでに調査。重大な事件である。
                         
                                 雲仙市民の会

[ 2018年2月27日 ]
 

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ