アイコン パク・クネ(朴槿恵)前大統領に30年求刑  82歳になってまう

 

 

収賄の罪などに問われている韓国のパク・クネ(朴槿恵/1952年2月2日生)前大統領の裁判で、検察は27日、懲役30年を求刑した。

パ ク前大統領は、影の大統領として君臨させた崔順実が、韓国最大の財閥、サムスングループから約束分も含めて日本円で43億円余りの賄賂を受け取った収賄の 罪などに問われていて、一貫して無罪を主張しているが、韓国の検察は崔順実と共謀関係にあったと見ており、崔順実被告はすでに20年の実刑判決を受けてい る。

以上、

韓国の場合は、証拠がなくても状況証拠だけで長期刑も裁き、三権分立も当初から形だけ時の政権の意向に沿う求刑と判決となっている。

スポンサード リンク

これまでにも、大統領が死刑を宣告され、恩赦で今も生き残っている人もいる。

ロッテ関係では、韓国の家庭裁判所が認知症判断している創業者の会長に対して、長期刑を求刑する韓国の検察でもある。

状況証拠での裁判は、政治や検察・警察の恣意が入りやすく、世界の裁判制度に逆行している。

韓国では文大統領が作った大統領府のHPの請願箱が、すでに、就職難で暇人のネットロウソク民心たちにより人民裁判にかけられている。

 

スポンサード リンク
[ 2018年2月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ