アイコン 日本政府 韓国から熱処理済加工肉製品の輸入開始へ 犬肉入っていないのか

 

 

日本政府には元々韓国派が多い。

韓国農林畜産食品部と食品医薬品安全処は27日、韓国産の熱処理済み加工肉製品を日本に輸出するための対日検疫交渉を終えたと明らかにした。

今回の交渉により、26日付で日本政府に登録された韓国の3ヶ所の作業場で生産されたハム・ソーセージ・冷凍参鶏湯(サムゲタン、鶏スープの料理)など70度で1分以上加熱した加工製品の輸出が可能になった。

農林畜産食品部と食品医薬品安全処は、輸出品目の拡大のために2012年3月から日本政府との検疫条件の協議、輸出を希望する業者の需要調査、事前検証などのプロセスを進めてきた。

昨年10月に実施された日本政府の調査団による韓国での現地点検に備えて官民合同チームを立ち上げ、作業現場の対応を支援してきた。

農林畜産食品部の関係者は「輸出を拡大できるよう現場での検疫・衛生管理に万全を期し、日本でのマーケティングなど輸出支援に努める」と説明した。
以上、

スポンサード リンク

韓国は肉の輸出が禁じられている口蹄疫の汚染国でもある。日本政府は、肉熱処理加工品に犬肉が使用されていないかどうか何に基づき担保するのだろうか。

その後、肉加工品の輸入は拡大することが予想され、特にスープ類は犬類から肉エキスを取る可能性もある。
韓国は日本から提出されたWTO案件では上訴する。こうした時期に輸入解禁とは・・・、日本政府は何を考えているのだろうか。
 

スポンサード リンク
[ 2018年2月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ