アイコン 東京高裁/警察の違法GPS使用隠蔽で空き巣犯が無罪に 違法捜査に鉄槌

 

 

群馬県で起きた連続空き巣事件で窃盗などの罪に問われた男(37)の控訴審判決が22日、東京高裁であった。

スポンサード リンク

合田悦三裁判長は「捜査員が全地球測位システム(GPS)の使用を意図的に隠蔽していた」と述べ、令状を取らずにGPSを使用した捜査を違法と認定。

懲役3年とした一審東京地裁判決を破棄し、2件の空き巣について無罪を言い渡した。

スポンサード リンク
[ 2018年3月23日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ