アイコン 大統領候補だった安熙正知事が秘書官に性的暴行 女性秘書TVで暴露

 

 

忠清南道の安熙正知事(ともに民主党員)が、同道の女性政務秘書官に繰り返し性的暴行を加えていた疑いが浮上した。被害を受けた秘書官が5日、テレビ番組で暴露した。

総合編成チャンネルJTBCのニュース番組に出演したキム・ジウン秘書官は、「昨年6月から8ヶ月間で4回、知事に性的暴行された」と述べた。
キム秘書官によると、性的暴行を受けたのは昨年の大統領選挙後、安知事の随行秘書として活動していた時期で、ほかにセクハラ行為も何度も受けたという。
キム秘書官は、性暴力被害を告発する「MeToo」運動が拡大の様相を見せていた2月25日、安知事に呼ばれ「MeToo運動を見て、あなたを傷つけたことに気付いた。申し訳ない。大丈夫か」と言われたという。
ところが、安知事はこの日も性的暴行を加えようとしたため、キム秘書官は事実を暴露することを決心したという。

スポンサード リンク

キム秘書官は、大統領選挙期間中、知事の広報企画官を務めた。安知事が大統領選挙の予備選で文在寅に敗北、そのまま辞退して忠清南道の知事職に戻ると、キム秘書官は随行秘書として活動し、最近になって政務秘書に抜てきされた。
キム秘書官は女性弁護人協会の諮問を受けた上で、6日にも警察に安知事を性的暴行容疑で告発する予定。
 キム秘書官は、安知事による性的関係の要求を拒否できなかったのかとの質問に対し、随行秘書である自分にとって安知事は常に知事という存在であり、随行秘書は皆が「ノー」と言っても「イエス」と言わなければならない立場だとした上で「私と知事は、同等の関係ではなく、合意する間柄ではない。私は知事が言うことに口答えはできない存在」と話したという。
以上、

元学生運動から政界入りした人物で、2002年には新千年民主党の盧武鉉大統領候補キャンプで政務チーム長を勤め、彼を大統領に当選させた功労者として知られる。
左派の組織は官僚組織どころではなく絶対権力の縦社会、勢いが続く「ともに民主党」にあり、こうした輩が韓国政界に蔓延している。

<セクハラ追報>
2月22日開催されたジュネーブの国連会議で、国連の委員が、参加していた韓国の女性家族部長官に対して、韓国では女性からセクハラ事件で2109件が告発され、立件されてのはたったの9件にとどまっているがどういうことかと詰問し、長官は何も答えられなかったという。
また、訴え出た女性たちが、男性側から誣告罪や名誉毀損で逆に訴えられていることについても詰問を受け、長官はそのようですねと答えたという。さらに資料を棒読みする長官に対して、委員が棒読みしなくてもよい、資料を渡せば済むと激怒したという。
これが、反日慰安婦問題の急先鋒の女性家族部長官であるオバン鄭鉉栢の実態であるが、文在寅は反日活動家として鄭鉉栢を長官に任命しているもの。
文在寅に何も期待できない。淡い期待を持つほうが異常。

スポンサード リンク
[ 2018年3月 6日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ