アイコン NEM Zaif=ザイフヘ大量流入 仮想通貨流出事件 テックビューロ 登録業者+みなし業者一覧

 

 

1月26日コインチェックから膨大な仮想通貨NEMが流出した事件で、2月末までに10億円以上のNEMが送金されたり、ブラック(ダークウェブ)市場で格安譲渡されていたりしていることが判明している。
1月26日の流出事件では、流出コイン数5億23百万XEM(NEMの通貨記号)、判明時のレート換算で約580億円が不正に流出。

3月に入っても送金が続き、5日正午までに2197万枚(約7億円相当)が送金されている。
犯人はいつまで経っても何一つ明らかにされていないが、一部を送金用のアドレスに移し、そこから外部へ送金させている。
3月からの送金は、世界の取引業者へ1095回送金しているが、注目されるのは、その4割以上に当たる送金先がテックビューロが運営する「Zaif(ザイフ)」。流出事件後「Zaif(ザイフ)」への送金累計額は4600万枚超に上っている。

スポンサード リンク

送金は、犯人の送金アドレスから3つのアドレスを挟みZaifに送金されている。しかも3回目のアドレスは1回限りしか使用されておらず、そこから送金代行業者を通じてZaifに送金されていることが判明している。
 流出NEMには、警告スタンプがNEM財団により押されているが、その警告スタンプがシステム上で押される前に再び送金しており、何回でもどこへでも送金できてしまっている。

 

NEM盗人からの送金状況
 
送金回数
枚数(万枚)
うちZaif
割合
3月1日
105
408
354
86.8%
3月2日
147
534
422
79.0%
3月3日
200
757
536
70.8%
3月4日
376
1470
501
34.1%
3月5日
267
1851
385
20.8%
 
1,095
5,020
2,198
43.8%
3月5日は日本時間12時までのカウント

 

仮想通貨取引所(交換業者)
 
登録業者
みなし業者
1
マネーパートナーズ
みんなのビットコイン
2
QUOINE
Payward Japan(Kraken)
3
bitFlyer
バイクリメンツ
4
ビットバンク
CAMPFIRE
5
SBIバーチャルカレンシーズ
東京ゲートウェイ
6
GMOコイン
LastRoots
7
ビットトレード
deBit
8
BTCボックス
エターナルリンク
9
ビットポイントジャパン
FSHO
10
フィスコ仮想通貨取引所
来夢
11
テックビューロ(Zaif)
ビットステーション
12
DMM bitcoin
ブルードリームジャパン
13
ビットアルゴ取引所東京
ミスターエクスチェンジ
14
エフ・ティ・ティ
BMEX
15
Xtheta(シータ)
bitExpress
16
BITOCEAN
 

 

スポンサード リンク
[ 2018年3月 6日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ