アイコン 文大統領 再び世界中で反日策動炸裂開始 慰安婦合意破棄せず執拗に追求3・1宣言

 

 

韓国の文在寅大統領は1日、日本の植民地支配に抵抗して1919年に起きた「三・一独立運動」の記念式典で演説した。
慰安婦問題について「加害者である日本政府が『終わった』と言ってはならない。戦争当時にあった反人道的な人権犯罪行為は『終わった』という言葉で隠すことはできない」と強調し、日本政府の姿勢を批判した。

また、「不幸な歴史であればあるほど、その歴史を記憶し、その歴史から学ぶことだけが本当の解決だ」と述べた。
慰安婦問題をめぐる日韓政府間合意に直接言及しなかったが、「最終的、不可逆的な解決」をうたった合意を真っ向から否定する発言だが、合意を破棄しないとし、日本に特別な要求はしない考えを示し、それよりもっと執拗に強力に日本を追求する姿勢を明らかにした。

「日本は人類普遍の良心で歴史の真実と正義に向き合うことができなければならない」と訴え、「本当の反省と和解の上で、共に未来へ進むことを願う」と語った。
竹島をめぐっては、「独島(竹島の韓国名)は日本の朝鮮半島侵奪過程で最も早く強制的に占拠されたわが領土だ」と自分かつてな主張。

「今、日本がその事実を否定することは、帝国主義による侵略に対する反省を拒否することに他ならない」と批判した。
以上、

スポンサード リンク

韓国・女性家族部鄭鉉栢大臣の性奴隷発言(ジュネーブ)、
康京和外務大臣の慰安婦問題発言(ジュネーブ)
ソウル市長の一方的な慰安婦虐殺現場写真発表
今回の文大統領の3・1発言
これらは一連の流れは、ともに民主党の党員たちであり、計画的に行われているもの。

日本政府は反日政権を相手にしても消耗するだけ。
韓国からの売春婦を摘発し、何千・何万人すべてを摘発し続けて、その都度、NHKとサンケイ新聞に対して大々的に世界に向け、その極悪非道さを発信させ続けることだ。

そして、海外の情宣活動に金をかけ、毎月、全世界の海外の大手新聞に記事広告を毎月数ヶ所ずつ順繰り掲載し続けることだ。発信者は適当な名を使えばよい。

韓国はニューヨークタイムズ紙一面広告どころか、NYタイムズスクエアーの電光掲示板にまで使い反日批判を展開しているのが現実だ。

  今後も反日策動を、ロウソク民心を糾合し続けるため激しくなっていく、反日文政権とは政治的な断行も必要だろう。最低でも康長官や鄭長官の日本への出入りを禁止すべきではないだろうか。
 このままでは、日本の安倍政権は完全に韓国の文政権から舐められていることになる。

スポンサード リンク
[ 2018年3月 1日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ