アイコン 追報:大統領候補だった安熙正忠清南道知事辞任 性的暴力 ともに民主党

 

 

忠清南道の安熙正知事(52)の女性秘書が、同氏に性的暴行を受けたと5日にTVで告白、波紋が広がっている。
安熙正氏の政務秘書キム・ジウン氏(33)は同日、総合編成チャンネルJTBCのニュース番組『ニュースルーム』に出演、「安熙正知事の随行秘書を務めた昨年6月末から8ヶ月間に4回の性的暴行と頻繁なセクハラ(性的嫌がらせ)を受けた」と主張した。

文化体育観光部(省に相当)や未来創造科学部などに勤務していたキム・ジウン氏は昨年の大統領選挙候補者を決める「共に民主党」内の予備選挙前に安熙正知事の選挙運動本部に合流、広報企画チーム長を務めた。

大統領選挙直後は、道庁所属随行秘書として特別採用され、同氏の側近として働いた。

スポンサード リンク

キム・ジウン氏は「昨年7月と9月のロシア・スイス出張など、ほとんどの随行日程後に性的暴行が振るわれた。先月25日に(性暴力被害を告発する)『Me too運動』が社会全般に広がった時も性的暴行があった。安熙正氏は『君に申し訳ない』と何度も謝罪し、電話もしてきた」と語った。(しかし、その日も性的暴行を受けそうになったと主張し、謝罪していない本心を見抜き、告発に至った)

これについて安熙正氏の秘書室は「不適切な性的関係は認めるが、合意の上での関係だった」と発表した。
ところが、安熙正氏は、その後のフェイスブックに「合意の上での関係だったという秘書室のコメントは間違っている。今日付で知事職を退き、一切の政治活動を中断する」と明らかにした。

安熙正氏は、当TV報道の直前、あるイベントで「Me too運動」を支持し、「私たちは男性中心の権力秩序の中で生きてきた。このような暴力はすべて嫌がらせであり、差別だ」と語っていた。

 所属する共に民主党は、5日夜、緊急最高委員会を開き、安熙正氏に対する離党・除名措置手続きを進めることにした。
キム・ジウン氏の弁護団は、早ければ6日にも検察に安熙正氏を性的暴行で刑事告訴することを決めた。

<次期大統領候補№1の実力者>
安熙正氏は1989年に統一民主党の金徳竜議員のもとで働き、1994年に盧武鉉元大統領と初めて会った後、補佐官・政務チーム長などを務め、親盧派の実力者と呼ばれた。
しかし、盧武鉉政権時の大統領選挙資金捜査では、巨額の違法選挙資金授受容疑で逮捕された。
2010年に忠清南道知事に当選して復活、2017年の大統領選挙候補者を決める共に民主党内予備選挙では文在寅(現大統領)と競い合い2位になり、大統領選を辞退し、忠清南道知事を続けていた。重任なしの1期5年の韓国大統領の任期、中道・保守をまとめる同党の次期大統領の有力者として浮上していた。

以上、

スポンサード リンク
[ 2018年3月 6日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ