アイコン 東急 渋谷開発続々誕生 「渋谷ストリーム」「渋谷代官山Rプロジェクト」など18年開業へ

 

 

<東急渋谷開発の開業予定>
2018年秋開業:「渋谷ストリーム」、「渋谷代官山Rプロジェクト」
2019年3月:オフィスビル「(仮称)南平台プロジェクト」
2019年秋開業:オフィスビル「道玄坂一丁目駅前地区」
2019年以降:「南平台プロジェクト」、「渋谷スクランブルスクエア東棟」、「道玄坂一丁目駅前地区」、「渋谷駅桜丘口地区」

○「道玄坂一丁目駅前地区」の商業施設の名称およびコンセプトが決定
○「(仮称)南平台プロジェクト」においてIoTを活用したスマートオフィスを展開
○「渋谷代官山Rプロジェクト」の保育所の入居テナントが決定

スポンサード リンク

 東京急行電鉄および東急不動産は、世界を牽引する新しいビジネスやカルチャーを発信するステージとして、「エンタテイメントシティSHIBUYA」の実現を目指し、昨年4月に開業した渋谷キャストに続き、駅周辺における6つの大規模な再開発プロジェクトを関係者と協力して推進している。

今般、2019年秋竣工予定の「道玄坂一丁目駅前地区」の商業施設名称およびコンセプトの決定や、2019年3月竣工予定のオフィスビル「(仮称)南平台プロジェクト」におけるIoTを活用したスマートオフィスの取り組みに加え、2018年秋開業予定の東横線線路跡地で推進する「渋谷代官山Rプロジェクト」の保育所テナントの決定などについて発表。
 渋谷は、2018年秋に、「渋谷ストリーム」および「渋谷代官山Rプロジェクト」が同時期に開業し、2019年以降も、「南平台プロジェクト」、「渋谷スクランブルスクエア東棟」、「道玄坂一丁目駅前地区」および「渋谷駅桜丘口地区」などが、続々と開業していく予定。

 また、駅構内の動線の大規模な改良や、官民連携による渋谷川の再生と遊歩道の整備、各街区の建物前への広場の設置など、駅の利便性とともに、自然の潤いと憩いが感じられる、居心地の良いまちづくりを進める。

0308_05.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年3月 8日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ