アイコン 東京都文京区の民家床下からホルマリン漬け胎児遺体の瓶が! 過去に産婦人科医が居住

 

 

12日、東京都文京区の民家で、床下から瓶に入った胎児の遺体が複数見つかっていたことが警視庁などへの取材で分かった。

民家には以前、産婦人科医が住んでいたといい、警視庁が詳しい経緯を調べているが、事件性はないとみている。

以上報道より参照

民家を購入した女性がリフォームのためにシロアリ駆除業者を呼んだところ、床下からホルマリンのような液体に漬かった胎児の遺体が入った瓶が発見し110番したため公に。

事件性は薄く、民家の元の持ち主が産婦人科医だったため、死産や堕胎した胎児を保管していた可能性が指摘されているようだ。

スポンサード リンク

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180312-00000528-san-soci

東京都文京区の民家で、床下から瓶に入った胎児の遺体が複数見つかっていたことが12日、警視庁などへの取材で分かった。民家には以前、産婦人科医が住んでいたといい、警視庁が詳しい経緯を調べているが、事件性はないとみている。

警視庁によると、民家は3年ほど前から空き家になっており、転売されていた。民家を購入した30代の女性が11日、リフォームのためにシロアリ駆除業者を呼んだところ、床下からホルマリンのような液体に漬かった胎児の遺体が入った瓶が見つかり、110番通報した。

一部の胎児は体長30センチほどで、へその緒がついていた。瓶は少なくとも3、4本あるという。
民家の元の持ち主の祖父と曾祖母が産婦人科医で、死産や堕胎した胎児を保管していた可能性がある。祖父と曾祖母は30年以上前に死亡していた。

スポンサード リンク
[ 2018年3月12日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ