アイコン 日本の政局の最悪コース

 

 

横たわるお嬢アッキーナスキャンダル、後見人でもある副首相の財務省火の車。

100%アメリカと共にある。

1、2月10日、日本無視の米ペンスと金与正会談(2時間前に北朝鮮側キャンセル)

2、3月9日、日本無視の米朝会談決定
トランプ曰く「多くのミサイルが上空を飛び越えた日本は、私の仕事をとても喜んでいる」

3、3月23日、米国の日本に対する鉄鋼・アルミ関税賦課

4月の日米首脳会談、米朝会談で拉致被害者問題を取り上げるよう要請

4、5月米朝会談で拉致被害者問題議案に上がらず、または解決済みの北朝鮮側主張をトランプ鵜呑みで終了、もしくは継続審議でいつまでも解決せず。

スポンサード リンク

9月総裁選、それまでにアッキーナ忖度問題を早期処理する必要がある。
貿易戦争に同盟国など関係ないと豪語した米トランプの日本に対する貿易制裁は今後も続く。

ツいていないときにはツいていないことが立て続けに起きる。弱り目に祟り目。
36歳の小泉はなぜ総裁選に出馬しないのか、人には旬のときがある。

 

安倍首相
 

スポンサード リンク
[ 2018年3月12日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ