アイコン 新潟トランシス ミャンマーで24両受注 丸紅と

IHIのグループ会社である新潟トランシス(NTS)と丸紅は、ミャンマー国鉄より、ヤンゴン・マンダレー幹線鉄道向け電気式気動車(同気動車)24両納入案件を受注し,2月9日に丸紅,NTSとミャンマー国鉄の間で契約を締結した。受注金額は約70億円。
丸紅は、コンソーシアムのリーダーとして商務全般を担当し,NTSは同気動車の設計,製造,試験,教育訓練などを担当する。

本プロジェクトは,これまでに日本政府の円借款450億円の供与が決定している“ヤンゴン・マンダレー鉄道整備事業フェーズI”(ヤンゴン・マンダレー間の既存路線の老朽化した設備を改修・近代化する事業)のパッケージの1つであり,且つ同事業における日本製品の輸出第一号となる案件。

スポンサード リンク

本プロジェクトで納入する同気動車は、最大の商業都市ヤンゴンから首都ネピドーを通り,第二の商業都市マンダレーへ向かう,中間地点であるタングーまでの約267kmを結ぶ幹線鉄道を走り,計画ではヤンゴンからタングーまで現在約7時間要しているところを約3時間20分に大幅短縮することを可能にする。
本プロジェクトを通じ,ミャンマーの人々の移動に掛かる負担を軽減することで,交通問題の緩和や社会経済の発展に貢献する。

丸紅は,1942年にミャンマーに支店を開設し,鉄道や発電分野などのインフラ事業を中心に,農業化学品,食料,輸送機など幅広い分野でビジネスを展開している。近年では,ティラワ経済特別区における工業団地開発や,ヤンゴン市内のタケタ地区に位置する複合火力発電所の改修案件にも取り組んでいる。これらの豊富な経験と実績を活かし,今後ともミャンマーのインフラ整備や経済発展に貢献していく。

NTSは,ディーゼル車両の国内トップメーカーとして,本プロジェクトで納入する気動車をはじめとする鉄道車両を中心に,国内外の新交通システム,低床式路面電車および積雪地で活用される各種除雪車の製造等,豊富な経験を有している。今後もミャンマーを含めたアジア地域での受注活動を推進し,交通インフラ整備を通じて各国の経済発展に貢献していくとしている。

新潟トランシスは平成15年、新潟鐵工所と富士重工業の鉄道部門をIHIが買収して設立された会社。
電気式気動車は、ディーゼルエンジンで発電した電力を使ってモーターで動力を生み出すシステムの車両。

0210_04.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年2月10日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ