アイコン ブロードコムのクアルコムに対する敵対的買収 米大統領禁止令 安保上 中国?

 

 

米トランプ大統領は12日、米半導体大手ブロードコム(Hock E. Tan(CEO兼社長))による米同業クアルコムの敵対的買収を禁じる命令を出した。
米ホワイトハウスが発表した。国家安全保障を損なう恐れがあると説明している。買収額約1170億ドル(約12・5兆円)と、半導体業界の史上最大級のM&A(企業合併・買収)は、実現が極めて困難になった。

ブロードコムは登記上の本社がシンガポールにあり、近く米国に本社移転する計画だった(カルフォルニア州サンノゼ)。外国人による投資を審査する対米外国投資委員会(CFIUS)が、安全保障の観点から調査を進めていた。
 トランプ氏は命令文で「ブロードコムが、米国の安保を脅かす行動をとりかねないと信じるに足る確かな証拠がある」などと指摘。ブロードコムが提案中の買収計画を即刻やめさせるだけでなく、「実質的に同等な、いかなる合併、買収、乗っ取りも禁じる」とした。

スポンサード リンク

 クアルコムが米政府との契約を抱えていることに加え、中国などと競争する次世代通信規格「5G」の開発をめぐり、ブロードコムのコスト削減圧力が悪影響を与えかねないとの懸念が背景にあるとみられる。
 ブロードコムは買収案を昨年11月に発表したが、クアルコムが「企業価値を過小評価している」などと拒否し、両社の攻防が続いていた。米紙ウォールストリート・ジャーナルは今月、米半導体最大手インテルが、ブロードコムの買収を検討中だと報じている。

ブロードコムは、積極的なM&Aで知られ、東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の買収にも名乗りを上げたことがある。

2016年2月、旧ブロードコムカンパニー社は、ヒューレット・パッカード、アジレント・テクノロジーの半導体部門を起源とするAvago Technologies(アバゴ・テクノロジー)により買収された。買収に伴いアバゴ・テクノロジーは、社名を「ブロードコム」(Broadcom Ltd.)に変更した。
アバコの2人の創業者は既に退任している。
現CEOは中華系のようだ。中国政府との関係を疑われているのだろう。
 

スポンサード リンク
[ 2018年3月13日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ