アイコン 宇都宮の西原小学校 業者委託の学校給食で181人食中毒

 

 

栃木県宇都宮市西原の市立西原小学校で、今月11日の夜から児童と教職員合わせて181人が相次いで下痢やおう吐などの症状を訴え保健所は、給食が原因の食中毒の可能性があるとして調べている。

西原小学校では全校児童299人のうち、1年生から6年生の174人と、教職員7人の計181人が下痢やおう吐などの症状を訴え、14日は臨時休校となった。
市によると、症状はいずれも軽く、快方に向かっているという。

宇都宮市保健所は、13日午後、学校に立入調査を行い、多くの人が同じ時期に症状を訴えたことなどから、給食が原因の食中毒の可能性があるとみている。

スポンサード リンク

この小学校では、市の委託を受けた業者が、校内の給食室で調理を行っていた。保健所は、給食室や残している食材、それに調理した人の体調などを詳しく調べている。
以上、

給食製造が業者の場合、人手もカツカツ、パート主体で低賃金でもあり、就業者は少々体調が悪くとも就業せざるを得ない状況にある。
国は、こうした体調管理を瞬時に判別できるシステム開発が望まれる。すでにどっかの企業がシステムそのものは開発しており、数十種の病原菌を判別できる。こうしたシステムを基盤に、瞬時に判別させるシステムを安価に提供できる機器を国挙げて開発すべきだ。
病院や弁当給食店、飲食店、海外へも販売できる。人も動物、加計学園や理研に開発委託したらいかがだろうか。

 

スポンサード リンク
[ 2018年5月14日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ