アイコン フォードのサプライヤー火災 一番売れ筋のP/U F150生産停止

 

 

フォードが、全米で最も売れているとされるピックアップトラック「F150」の生産を停止していることが10日までに分かった。サプライヤーの工場で火災があり、製造に必要な部品が不足しているためだという。
F150の生産工場はミズーリ州とミシガン州にある2つのみ。このうち前者はすでに同製品の製造を停止。後者も9日夜に停止した。
40年以上にわたり米国で最も販売台数の多いモデルであり続けているF150は、フォードにとって主要な収益源。
F150の大型版に当たる「スーパーデューティー」についても、ケンタッキー州の工場での生産が停止した。ただ、オハイオ州にある工場では引き続き製造する計画だという。

関係者によると、F150の生産停止は、数週間続く可能性がある。ただフォードは代わりのサプライヤーを探しており、今後の計画は流動的だという。

スポンサード リンク

フォードは、現在各ディーラーがFシリーズの84日分の在庫を確保していると発表。短期的には販売品の不足が生じることはないとしている。
しかし、生産停止が1ヶ月続くと、顧客の希望するエンジンの型やデザインを備えたモデルを供給できなくなる恐れがある。
そうした不足はたいていの場合、在庫日数が50日を下回る時点で起こるとされている。
以上、CNN参照

トヨタは、東日本大震災、タイ大水害、愛知製鋼の火災で生産停止に追い込まれた。

0511_02.jpg
 

スポンサード リンク
[ 2018年5月11日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ