アイコン 動画付き アシアナ航空機 駐機中のトルコ機の垂直尾翼へし折る

 

 

韓国2大航空会社のアシアナ航空の旅客機が、トルコ・イスタンブール空港で、駐機中のトルコのターキッシュエアラインズの旅客機と衝突して火災が起きた。
人命被害は報告されなかったが、この事故によって欠航が出て乗客は不便を強いられることになった。
13日(現地時間)午後5時30分、イスタンブール・アタテュルク国際空港を出発して韓国仁川国際空港に向かう予定だったアシアナ航空OZ552便エアバスA330旅客機が滑走路に移動している途中、右翼がターキッシュエアラインズのエアバスA321旅客機のスタビライザー(機体後部にあるバランスを取る垂直尾翼)に当たった。

この事故でターキッシュエアラインズ機の後部が完全に折れてしまった。火災が発生したが空港消防当局によって速やかに鎮火された。

スポンサード リンク

現地メディアが公開した事故の映像によると、アシアナ機が移動しながら停止状態とみられるターキッシュエアラインズ機の尾翼に衝突しながら通り過ぎている。

今回の事故による人命被害は把握されていないが、欠航により乗客の足に乱れが出た。
以上、
アシアナ航空は、問題を起こさない期間目標を設定して、会社上げて実現すべきだ。またいつかのように大事故(サンフランシスコ空港)になる。

<アシアナ機の事故暦>
・1993年7月26日 - アシアナ航空733便墜落事故で66人死亡
・2009年10月28日 - 関西国際空港で着陸に際し機体損傷
・2011年7月28日 - アシアナ航空991便墜落事故 - ボーイング747-400F 済州島沖で貨物機が墜落して2人死亡。
・2012年8月21日 - アシアナ航空231便機体動揺事故 - エアバスA330-300 3名負傷・・・島根県上空で乱気流、ただし、同期は事前に気象情報を切っていた。
・2013年7月6日 - アシアナ航空214便雨天着陸失敗事故 - ボーイング777-200ER サンフランシスコ国際空港で着陸に失敗。3人死亡、約180人負傷
・2014年4月19日 - アシアナ航空603便エンジントラブル - 仁川からサイパンへ向かっていたアシアナ航空603便(ボーイング767-300)が飛行中、福岡上空付近でエンジンの警告ランプが点灯し異常を通知されていたにもかかわらず、飛行を継続し目的地まで飛行。
・2015年4月14日 - アシアナ航空162便着陸失敗事故 - エアバスA320 広島空港にて着陸時に滑走路を逸脱して27人負傷。
・2016年6月24日 - アシアナ航空222便エンジン出火 - 現地時間24日午前11時30分ごろニューヨークで仁川から222便で到着したA380-841(登録番号:HL7634)型機は折返し、仁川向け221便(出発定刻午後1時25分)として出発準備中にエンジンから出火、消火活動により軽微な損傷。
・2018年1月21日、韓国の金浦空港で、乗客らが搭乗中のアシアナ航空機が動き出し、機体のエンジンカバーと搭乗用階段が衝突する事故発生。タイヤストッパーが外れていた。

動画
https://www.youtube.com/watch?v=tP5fCNXhS7U

スポンサード リンク
[ 2018年5月14日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ