アイコン またサウスウエスト航空機が緊急着陸 同じB737-700型機の窓に亀裂

 

 

米シカゴ発ニューアーク行のLCCのサウスウエスト航空の957便、ボーイング737-700型機が2日、飛行中に客室の窓に生じた亀裂により、クリーブランドの空港に緊急着陸した。
同機はシカゴ・ミッドウェー国際空港を午前8時53分(現地時間)に離陸、クリーブランド・ホプキンス国際空港に午前10時46分に緊急着陸した。

同航空会社では2週間前にも、同型の737-700型機・1380便が飛行中にエンジン爆発、破片が窓を直撃、吹き飛ばされ、1人が死亡する事故を発生させたばかりだった。

同航空会社は、同便は、窓の整備点検のためクリーブランド・ホプキンス国際空港へと針路変更し、「何事もなく」着陸したと説明したという。各窓には複数の板が使われているため、機内の気圧に影響はなかったという。

SNSへの投稿写真では、客室の窓の1つに長い亀裂が入っている様子が捉えられている。
以上、AFP参照

スポンサード リンク

同社については、先のエンジン爆発死亡事故のインシデント事故について、当局が調査に入っており、今回の窓亀裂・緊急着陸は整備状況に影響するだろう。
整備に問題があるのか、飛行機自体に問題があるのか。こわっ。
窓は原始的な打音検査? 飛行機エンジンは定期的にオーバーホールするため交換している。
 

スポンサード リンク
[ 2018年5月 3日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ