アイコン 北海道で3.6万戸午前10時から2時間停電 信号消え衝突事故も

 

 

北海道電力によると7日午前10時すぎから、北海道南部の胆振、後志、石狩、渡島地方の12の市町村で最大3万6000戸余りが停電した。

このうち伊達市松ヶ枝町の交差点では、車どうしが衝突する事故が起き、乗っていた人が救急車で運ばれた。伊達市では約1万7000戸が停電し、国道などの信号機が消え、警察官が交通整理を行っていた。

スポンサード リンク

また、約7000戸が停電した洞爺湖町のホテルによると館内エレベータが停止し、一時宿泊客が閉じ込められましたが、けが人などはなく、大きな混乱などもなかったという。

2000戸が停電した黒松内町によると午前10時ごろから町内のほぼ全域で信号機が消えたが、約30分で復旧した。

停電は正午ごろまでに復旧し、北海道電力は原因を調べている。

スポンサード リンク
[ 2018年5月 7日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ