アイコン キッチンタオル 大腸菌大量繁殖 食中毒の危険性も

 

 

台所で使うタオルには、食中毒の原因となる大腸菌などの細菌が大量に繁殖しているという調査結果が、このほど、モーリシャス大学の研究チームが9日、米微生物学会の年次会合で発表した。
細菌の数は家族の人数が多く、肉を食べる頻度が高いほど増える傾向にあった。

研究チームは1ヶ月使用した後のキッチンタオルから採集した細菌を培養し、種類や増え方を調べた。
その結果、普通は人の皮膚や腸内で見つかる細菌が、49%のタオルで増殖していたことが分かった。
細菌が繁殖していた49枚のタオルのうち、ほぼ4分の3では、大腸菌や腸球菌などの腸内細菌が見つかった。
残る14%からは、人の皮膚や気道で繁殖する黄色ブドウ球菌が発見された。
大腸菌などの細菌について、今回の研究にはかかわっていない米クレムソン大学の研究者は、種類によっては食中毒の原因になることもあると指摘している。
以上、

スポンサード リンク

日本の水道水には消毒薬として機能する塩素が含まれており、洗剤で適切に洗った場合、かなりの細菌が除去されるものと見られる。
昔、キッチンタオルも天日干しし、乾燥させて増加原因の湿度を除去、太陽の紫外線により自然消毒させていた。

 最近は天日干しもしなくなったことから、食器洗い用のスポンジも含め、殺菌剤入りキッチン用洗剤での洗浄、熱湯消毒も必要だろうか。
 細菌やウイルスは、熱に強かったり、酸に強かったり、アルカリに強かったり、アルコールに強かったり、いろいろなものが存在する。おまけに医薬品も効かない細菌自ら進化した耐性菌まで新たに生み出されている。

モーリシャス大学はインド洋に浮かぶアフリカに属する島国でイギリス連邦加盟国モーリシャス共和国の国立大学、国民はインドとアラブ系の混血が約7割。

スポンサード リンク
[ 2018年6月12日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ