アイコン 追報:(株)ジャパンマネジメント(大阪)/破産手続き開始決定

 

 

既報。本年3月20日に事業停止した、老健施設サブリースの(株)ジャパンマネジメント(所在地:大阪市東淀川区上新庄*** )は8月15日、大阪地裁において破産手続きの開始決定を受けました。

停止時の負債額は約3億円。

スポンサード リンク
 

破産管財人には、山形康郎弁護士が選任されているとのこと。

財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成30年11月12日午後2時。

事件番号は平成30年(フ)第3343号となっています。

 

既報記事
(株)ジャパンマネジメント(大阪)/自己破産へ

同社は平成14年10月設立の老健施設賃貸企画・運営コンサル会社。社員寮などのビル所有者に対して、高齢者対応賃貸住宅や老人施設への改修提案、一括借り上げ賃料保証の老健施設の運営を行っていた。しかし、国の制度変更と乱立により入居者不足が続き、同社は収入不足に陥り行き詰った。

 

 

スポンサード リンク

[ 2018年8月24日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ