アイコン 「青山台ゴルフ倶楽部」の西日本観光(株)(兵庫)/民事再生申請 「篠山ゴルフ倶楽部」も

 

 

2ヶ所のゴルフ場経営の西日本観光(株)(兵庫県篠山市和田字東勝山32-1、代表:井上高文)は8月30日、申請処理を浦田和栄弁護士(電話06-6231-3210)ほかに一任して、大阪地方裁判所へ民事再生法の適用申請し、監督命令を受けた。監督委員には、野村剛司弁護士(電話06-6311-7087)が選任されている。

負債額は約53億円。

スポンサード リンク

同社は昭和46年9月に設立された「青山台ゴルフ倶楽部」(18H、昭和49年4月オープン、会員約1900名)と「篠山ゴルフ倶楽部」(18H、昭和55年5月オープン、会員約1800名)の2ヶ所を運営している。

京阪神からも近く、平成20年3月期の売上高は約12億円を計上していた。

しかし、その後はゴルフ人口の減少やプレー料金の低下等で業績は低迷、平成30年期の売上高は約5億4000万円にまで半減。平成31年期に入ってから、記録的な猛暑や平成30年7月の西日本豪雨の影響により入場者数が大きく減少し、預託金返還問題も抱え、先行きの見通しも資金繰りにも窮し、法律に基づき再建を図る目的で今回の申請となった。

なお、両ゴルフ場ともに通常通り営業中。

以上、

売上高が2ゴルフ場で計5億円を割り込んだら、コースの維持管理も難しくなる。

 

スポンサード リンク
[ 2018年8月31日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ