アイコン 継手の(株)ツツイ、大洋興産(株)(三重)/自己破産へ 負債額43億円

 

 

継手製造卸の(株)ツツイ(三重県四日市市小古曽東2-9-53、代表:松岡裕二)と関連で継手輸入の大洋興産(株)(同所)は8月1日事業停止、事後処理を服部一孝弁護士(電話059-340-3626)などに一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額はツツイが約34億円、大洋興産が約9億円。

スポンサード リンク

ツツイは昭和28年創業の各種継手製造や卸会社。関連の大洋興産(株)が海外の継手製品などの輸入を担当していた。ステンレス鋼製突合せ溶接式管継手の製造および継手・配管などの商社向けに卸販売し、飲料・食品・医薬・化学・製紙・造船などの各産業の工場・プラント内の配管設備や施設に広く使用され、全国でも屈指のシェアを誇っていた。平成20年3月期に約40億円の売上高を計上していた。

しかし、リーマンショック後、企業の設備投資が減少、生産工場の海外移転、造船不況などから販売不振に陥り、平成30年期には17億円台まで売上高が減少、競争激化・材料費の高騰・円安による輸入コスト増などから採算性も悪化させ、赤字に転落していた。在庫過多、年商上回る借入金に先行きの見通しも立たず、今回の事態に至った。

スポンサード リンク
[ 2018年8月21日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ