アイコン (有)スタイル(埼玉)/自己破産へ

 

 

木造建築工事の(有)スタイル(埼玉県児玉郡上里町七本木2530-1、代表:五十嵐康弘)は9月20日事業停止、事後処理を高橋勇雄弁護士(電話027-364-5000)ほかに一任して、自己破産申請の準備に入った。

スポンサード リンク

負債額は約2億5千万円。

同社は平成16年6月設立された木造建築会社。アジア・バリ風の建物を得意とし、住宅はじめいろいろな用途の建物を建築し、平成28年9月期には6億円以上の売上高を計上していた。しかし、その後は地域一帯の住宅不況から受注が減り、外注コストの上昇などもあり、採算性も悪化させ、資金繰りを悪化させていた。

 

 

 

スポンサード リンク
[ 2018年9月28日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ