アイコン (株)アイワールドほか2社(大分)/自己破産へ

 

 

下着縫製業の(株)アイワールド(大分県竹田市平田251-3、代表:阿南伸一)と関連の(有)アイテックス(大分県竹田市平田247、代表:佐藤美由紀)および(有)アイダブル企画(大分県竹田市平田245-3、代表:相川昌晃)は10月1日事業停止、事後処理を渡辺耕太弁護士(電話097-538-2126)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

(株)アイワールドは平成元年8月設立の下着類縫製加工会社。同社は関係2社と共に低賃金の外国人研修生を受け入れ、下着の縫製加工を行ってきた。しかし、海外製品の大量流入や、下着メーカーの海外企業への生産委託などから受注が減り、一方で経費増から経営不振が続いていた。

以上、

スポンサード リンク

外国人研修生たちの受け入れ期間はあるのだろうか。また、未払い賃金保証や受け入れ先なく帰国する場合の渡航費補助はあるのだろうか。研修生たちは多くの借金をして日本に来ている。制度を設けた日本政府が問われる。

 

 

 

スポンサード リンク
[ 2018年10月11日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ