アイコン 追報:(株)エム・テック支援を断念した(株)冨士工の事情

 

 

10月1日負債額約253億円で民事再生を申請して経営破たんした(株)エム・テック、10月4日の説明会でスポンサー候補とされた冨士工。そのご、冨士工がエム・テック支援を断ったことから、10月22日エム・テックは、民事再生の申請を取り下げ、破産へ移行することになった。

エム・テックの破綻事由に上げられているのは、
1、昨年12月破綻した(株)PROEARTHに10億円の焦げ付き発生。
2、今年3月には、海上保安庁が摘発した港規法違反による起訴、全国の官公庁が指名停止措置を取り、その影響が挙げられる。

しかし、エム・テックは、PROEARTHなどの循環取引グループの一員でなかったのかと疑われたりもしており、冨士工は、支援するにあたりエム・テックが民事再生申請で提出した財務内容について精査し、同社から申請前に聞かされた話と大幅に異なり、スポンサー支援を断念した可能性が高い。

冨士工にしても、建築主体であり、東京五輪後を見据えて永遠と続く高速道やパイパスの高架橋の改修工事などへの進出が見込めるエム・テックに食指を伸ばしたのも頷ける。

スポンサード リンク

しかし、冨士工自身、2001年3月に831億円を抱え民事再生を申請して終結させ、やっと健全経営会社になっている建設会社。
冨士工はエム・テックに10億円の債権を抱え、今回、不良債権化している。エム・テックは規模も大きく、エム・テックに不透明感がある限り、冨士工は支援できないと判断したものと見られる。
冨士工の自己資本も今年3月基準で10億円の不良債権処理をした場合、これまで積み上げてきた現行の50%超の自己資本比率が41%台まで下がることになる。
当然、これまで冨士工を支援してきた金曜機関の意向もあったかもしれない。

 

商号
株式会社 冨士工
代表取締役
会長:梶正樹/社長:楚山和夫
本社所在地
東京都品川区東五反田一丁目22番1号
営業種目
(1) 建築土木請負業
(2) 設計監理に関する業務
(3) 不動産の売買、仲介、賃貸および管理
資本金
1億円
設立
昭和21年8月27日
社員数
240名(平成30年4月1日現在)
建設業許可
国土交通大臣許可(特-27・特-30)第4000号
許可業種
土木工事業、建築工事業、とび・土工工事業、石工事業、
電気工事業、管工事業、タイル・れんが・ブロック工事業、
鋼構造物工事業、ほ装工事業、しゅんせつ工事業、塗装工事業、
防水工事業、内装仕上工事業、水道施設工事業、解体工事業
一級建築士事務所登録
東京都知事登録 第 29146 号
宅地建物取引業者免許
国土交通大臣免許(14)第 489 号
取引銀行
りそな銀行
三菱UFJ銀行
横浜銀行
朝日信用金庫
経歴
昭和21年(1946)8月
(株)冨士工務店創立 本社:東京都大田区田園調布
昭和26年(1951)8月
本社を東京都港区芝西久保(虎の門)に移転
昭和30年(1955)5月
美竹マンション建設
(わが国初のマンション:『マンション』という言葉の始まり)
昭和36年(1961)4月
東証2部上場
昭和45年(1970)6月
社名を変更し、現社名「(株)冨士工」とする
昭和46年(1971)8月
東証1部上場
昭和49年(1974)1月
本社を東京都港区高輪(泉岳寺)に移転
平成13年(2001)3月
民事再生申請(負債額約831億円)
平成13年(2001)11月
資本金を100%減資、新たに増資し新資本金 2億2千万円
平成14年(2002)3月
本社を東京都品川区上大崎(目黒)に移転
平成17年(2005)3月
資本金を9,900万円とした
平成22年(2010)3月
資本金を1億円に増資
平成24年(2012)1月
本社を東京都品川区東五反田(五反田)に移転
 
 
<↓ 国交省提出資料によるもの>
(株)冨士工の財務内容と業績 平成30年3月期/千円
流動資産
11,979,736
流動負債
5,709,610
 
 
固定負債
542,784
固定資産
545,667
自己資本
6,273,009
 
 
(資本金)
100,000
総資産
12,525,403
負債+資本
12,525,403
売上高
粗利益
経常利益
自己資本率
21,742,698
3,212,625
2,314,815
50.0%
・建築8割、土木2割

 

(株)エム・テックの財務内容と業績 平成29年7月期/千円
流動資産
15,385,594
流動負債
13,626,357
 
 
固定負債
1,831,148
固定資産
5,437,357
自己資本
5,365,445
 
 
(資本金)
466,375
総資産
20,822,951
負債+資本
20,822,951
売上高
粗利益
経常利益
自己資本率
24,427,970
2,787,336
340,855
25.7%
・PC土木工事40%、土木工事25%、建築工事30%

 

スポンサード リンク
[ 2018年10月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ