アイコン 追報:TV映像制作の(株)タイムワープ、(株)デジタルタイムワープ(東京)/破産開始決定

 

 

TV映像制作の(株)タイムワープ(東京都渋谷区渋谷3-6-15、代表:時盛裕行)と関連でTV番組制作の(株)デジタルタイムワープ(同、同)は11月14日、東京地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、曽根翼弁護士(電話03-3502-6294)が選任されている。

スポンサード リンク

(株)タイムワープは昭和62年12月設立のテレビ番組の映像制作会社。テレビ東京の「シネマ通信」などテレビ番組や番宣の映像制作を手がけ、以前は4億円以上の売上高を計上していた。

しかし、競合激化とTV局の予算減から売上高の減少、採算性の悪化もあり、経営不振に陥り、ネットTV制作にも進出していたが、業況は改善せず、今回の事態に至った。(株)デジタルタイムワープはタイムワープに連鎖した。

 

Googlemap
画像は(株)タイムワープが入居していたビル。
 

スポンサード リンク
[ 2018年11月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ