アイコン OECD 来年の世界経済は減速と 自動車は米中ともピークアウト

 

 

米トランプは米国ばかりを保護主義により良くしようとしているが、グローバル化した世界にあり、一国主義はもはや通用せず、米国もすでにピークアウトしている。その一国主義=保護主義が世界経済まで大きく減速させていることから頂けない。
白人特有の優性主義の傲慢体質を地で行く分断主義者の米為政者トランプとそれを許容するアメリカ合衆国。

OECD=経済協力開発機構は21日、世界経済の最新の見通しを公表し、米中貿易戦争の影響で世界の貿易はすでに減速し始めているとしていて、互いの輸入品への関税をさらに引き上げれば、世界経済の成長に悪影響を及ぼすと強い懸念を示した。
そのうえで、世界経済の実質の成長率について、今年は3.7%+、来年は3.5%+と成長が鈍化すると予測し、「世界経済の拡大はピークを越えた」という見方を示した。

そして、各国の政策担当者が保護主義が広まるのを阻止し、多国間の対話によってルールに基づく貿易システムを強化することが喫緊の課題だとしている。

一方、日本経済の成長率は、自然災害の影響を受けた今年は0.9%+、消費税率の引き上げが予定される来年は1.0%+を見込んでいる。
以上、

スポンサード リンク

消費と産業が結びつく標本である自動車の販売台数は、米中ともすでにピークアウトしている。
特に中国では、米国の貿易攻撃で買い控えが顕著になってきている。販売減は、当然、消費や製造業に大きく影響する。
米国の景気拡大の継続は、トランプによる所得税・法人税の大減税による人為的なもので、それも来年には賞味期限切れとなり、貿易戦争では、代賛不可能な中国製品の値上がりを米消費者は大きく受けることになり、景気減速は明らか。世界経済が萎縮する中で、米経済の一人勝ちは、シェール革命が再び生じない限りない。

米国が仕掛けた貿易戦争のブーメラン現象は、すでに、中国における米国勢の自動車販売台数が今年5月から10月まで2桁減になって表面化している。当然、主要部品を米国から送っており、売れなければそれらも影響する。それも中国における米国以外の車両の輸入自動車や部品の関税は25%から15%に下がったが、米製自動車や自動車部品には25%の関税がかかりコスト増にも見舞われている。それも米国で製造している自動車の部品も中国製品が多く、それらにも米国が25%関税をかけ、米国勢は採算性を米中往復で大きく毀損させている。

このまま行けば、アメリカを象徴するトランプが大好きなGMは、再度破綻する可能性すらある。GMは中国での3社合弁のGM車両や輸入車も含めた2017年の中国で野販売台数は406万台もあったが、アメリカでは299.9万台の販売に過ぎない。GMにとって2割減は80万台減になるが、原価コストも上昇している。
もしものことがあっても、トランプのことだから、日本のせいにすることだろう。
撤退しなかった韓国GMも奈落の底を這いずり回っている。

 

韓国GM
 
韓国内
世界販売
2016年
180,275
13.8%
597,165
-4.0%
2017年
132,377
-26.6%
524,547
-12.2%
2018年1~10
74,595
-35.3%
381,826
-12.5%
2010年には世界販売台数が100万台あった。
 
アメリカ 自動車販売台数 月別推移
 
2017年
2018年
台数
前年比
台数
前年比
1
1,143,421
-1.8%
1,154,885
1.0%
2
1,333,510
-1.1%
1,302,128
-2.4%
3
1,555,859
-1.6%
1,653,529
1.9%
4
1,426,126
-4.7%
GM発表せず
5
1,519,175
-0.5%
6
1,474,041
-3.0%
1,576,564
7.0%
7
1,415,139
-7.0%
1,370,405
-3.2%
8
1,483,331
-1.9%
1,482,268
-0.1%
9
1,523,867
6.1%
1,432,069
-6.0%
10
1,354,975
-1.3%
1,356,760
0.1%
11
1,393,010
0.9%
 
 
12
1,603,129
-5.2%
 
 
17,230,436
-1.8%
14,262,604
0.2%
アメリカ 年間販売台数推移
 
年間販売台数
前年比
 
2012年
14,491,873
 
2013年
15,600,199
7.6%
2014年
16,522,000
5.9%
2015年
17,470,499
5.7%
2016年
17,550,351
0.4%
2017年
17,230,436
-1.8%
2018年
14,262,604
0.2%
2018年は1~10月までの累計値。
 
中国汽車協会による工場出荷台数ベース(輸入車含まず)(商用車含む)
 
2016
2017
2018
 
万台
前年比
万台
前年比
万台
前年比
1
250.06
7.7%
251.95
0.2%
280.92
11.5%
2
158.09
-0.9%
193.92
22.3%
171.76
-11.1%
3
243.97
8.8%
254.29
3.9%
265.63
4.6%
4
212.24
6.3%
208.40
-2.2%
231.86
11.4%
5
209.17
9.8%
209.60
-0.1%
228.77
9.6%
6
207.07
14.6%
217.19
4.5%
227.37
4.7%
7
185.19
23.0%
197.12
6.1%
188.91
-4.0%
8
207.10
24.2%
218.60
5.2%
210.34
-3.7%
9
256.41
26.1%
270.91
5.6%
239.41
-11.5%
10
264.99
18.6%
270.35
2.0%
238.01
-11.7%
11
293.87
16.5%
295.76
0.6%
 
 
12
305.73
9.4%
306.03
0.1%
 
 
合計
2,802.82
13.6%
2,887.89
3.0%
2,287.09
-0.1%
中国自動車販売台数年推移
 
 
万台
前年比
2012
1,948.08
 
2013
2,198.41
13.9%
2014
2,349.19
6.9%
2015
2,459.76
4.7%
2016
2,802.82
13.6%
2017
2,887.89
3.0%
2018年※
2,287.09
-0.1%
・※2018年は1~10月累計値
・工場出荷ベース/商用車含む
 
中国市場における米国勢の販売台数 GM+FORDなど
 
2016年
2017年
2018年
 /万台
台数
前年比
台数
前年比
台数
前年比
1月
26.90
10.3%
26.51
-1.4%
26.53
0.0%
2月
17.21
-1.0%
16.95
-1.5%
16.75
-1.1%
3月
23.96
8.4%
24.62
2.7%
22.74
-7.6%
4月
19.72
9.0%
21.45
8.7%
22.10
3.0%
5月
20.16
9.3%
22.15
9.8%
19.63
-11.3%
6月
21.70
1.7%
23.50
8.2%
18.12
-22.8%
7月
21.02
43.5%
20.25
-3.6%
16.83
-16.8%
8月
24.01
32.5%
24.76
3.1%
19.15
-22.6%
9月
28.33
26.5%
28.91
2.0%
22.59
-21.8%
10月
28.51
17.9%
29.97
5.1%
21.97
-26.6%
11月
31.45
15.2%
31.74
0.9%
 
 
12月
32.66
4.6%
33.15
1.5%
1~10月
合計
296.46
14.2%
303.95
2.5%
206.41
-13.6%
中国総計
2437.69
14.9%
2,471.83
1.4%
2,287.09
0.0%
・米系車にはGMのほか、フォードも入る。
・GMは2017年中国で405万台販売(輸入車と3社合弁生産車含む)。
・中国計は乗用車の工場出荷ベースの販売台数の総計、GMは商用車もあり
2018年の合計は1~8月までの乗用車の累計値
・中国汽車工業協会版、マークラインズ参照
 

スポンサード リンク
[ 2018年11月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ