アイコン 韓国・現代自動車と起亜7~9月決算 回復基調だがエンジン問題で840億円計上

 

スポンサード リンク
 

韓国の現代自動車が24日に発表した7~9月期の連結決算によると、売上高は前年同月比10.4%増26兆9,689億ウォン(約2.49兆円/0.0925円)、本業の儲けを示す営業利益は同比31.0%増3,785億ウォン(約351億円)、当期純利益は同比50.5%増の4605億ウォンだった。
営業利益は、現代自動車グループ製造のエンジン「シータ2 GDi」に関連した品質コストが、約6,000億ウォン反映され、前期(4~6月期、1兆2380億ウォン)に比べ▲69.4%減少した。

売上高は、SUV(スポーツタイプ多目的車)の新車を中心とした販売拡大、米市場でのインセンティブ節減などにより増加した。
今年1~9月累計では、販売台数が322万9,669台、売上高が77兆9,223億ウォン、営業利益が2兆4,411億ウォン。

<起亜>
現代自動車傘下の起亜自動車が24日に発表した7~9月期の連結決算によると、売上高は同比7.2%増の15兆0,895億ウォン(約1.39兆円)、本業の儲けを示す営業利益は同比148.5%増の2,915億ウォン(約270億円)、当期純利益は9.4%増の3,258億ウォンだった。

営業利益は前期比(4~6月期比)では▲45.4%急減した。
現代・起亜自動車が製造するエンジン「シータ2 GDi」の欠陥に伴うユーザー補償プログラムなど、品質関連費用として3,100億ウォンが販売管理費に反映されたことが響いた。
7~9月期の世界販売台数は前年同期比0.6%増の69万1,151台。
以上、

現代・起亜グループは、別途、車両火災問題で今年4月、米当局が調査を開始している。同グループは当局による制裁回避のためか、10月、裁判中の案件で、問題車両の生涯保障など行うことで和解している。

ただ、現代自動車では、2016年に30数件に及ぶリコール隠しの内部告発を受けていた。韓国当局は2017年にリコール要請したものの現代社は断り、怒った当局が強制リコールさせると共に、検察に告発し、検察が調査に入っていた。
そうしたことから、米国当局も昨年夏100台あまりが炎上した現代車に対する告発を受け、現代社のリコール隠しも念頭に調査に入っているものとみられる。

ただ、ロビー活動(公的巨額賄賂)を活発に行う企業であり、米当局はこれ以上動かない可能性もある。・・・アメリカなんてそんなもん。

[ 2019年10月25日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ