アイコン 新コロナ 全国の医療機関の集団感染一覧

 

スポンサード リンク
 

医療機関の集団感染は、地域の新コロナに対する防疫拠点でもあり、本格的に立て直ししなければ、新コロナに対し医療機関そのものが自滅してしまう。ただ、国は最初から新コロナのステルス感染者を量産させる対応措置をとったため、今や日本全国どこにステルス感染者がいるか、まったくわからず、病院も防ぎようがないのが実態。

しかし、院内感染が広がれば、東京の永寿総合病院のように大感染となったりし、また病院間で患者をやり取りすることから、永寿や大分国立病院のようにほかの病院へ飛び火するなど、日本の医療行政が新コロナに手玉に取られ拡散する動きにもなっている。

感染者の多い地域は比例してステルス感染者も多く、しばらく、患者のほかの病院への移動は新コロナが収束するまで中止もしくは慎重に行うことが必要だろう。

それに、感染者の濃厚接触者でない場合、中等症(37.5度4日以上)以上でなければ感染検査をしない国の方針があり、その間、町医者や病院が長期間(4~5日間)対応することになり、医療関係者の感染リスクを高める結果をもたらすとともに、感染者だった場合、感染検査を受けるまでの間に多くの人に感染させているリスクも生じさせている。

こうしたお国の政策のため医療機関の防疫対策には限界があると見られる。

<医療機関関係の集団感染>判明分のみ

スクロール→

遠軽厚生病院

千歳第一病院

北海道がんセンター

白石区「札幌呼吸器科病院」関係 長野病院へ飛び火

沼田市の利根中央病院

蕨市立病院 助産師2人+出産親子

川口市の保健所

済生会川口総合病院

所沢ロイヤル病院

所沢明生病院関連

永寿総合病院

慶応大病院(永寿総合病院入院患者受け入れ)

慶応大病院・研修医集団感染・禁止の会食

国立がん中央センター

東京慈恵会医科大学付属病院

中野江古田病院

都立墨東病院

相模原中央病院

市立静岡病院関係(現在は家族)

名古屋第二赤十字病院

南生協病院・保健所一度検査断る

碧南市民病院

岐阜市のナイトクラブ「シャルム」+客の岐阜大病院医師3人+石川県の岡部病院の医師など

富山市民病院

京都市・堀川病院

生田区「なみはやリハビリテーション病院」

松原市の「明治橋病院」

熊取町の「七山病院」

姫路・仁恵病院

北播磨総合医療センター

仁科整形外科+介護施設

宝塚第一病院

ろっこう医療生協灘診療所

神戸市立医療センター中央市民病院

神戸赤十字病院

済生会有田病院(終息)

早良区・福岡記念病院

城南区・長尾病院

門司・小文字病院(医療関係者17人)

春日市 福岡徳洲会病院

国立病院機構大分医療センター関連

 

[ 2020年4月21日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産