アイコン メルカリ20年6月期中間決算 メルペイ宣伝拡大▲141億円の赤字

 

スポンサード リンク
 

メルカリが6日発表した2019年7~12月期(2020年6月期第2四半期)の連結決算は、売上高は38.7%増の329億円となったものの、最終的な儲けを示す純損益が▲141億円の赤字となった(前年同期は▲44億円の赤字)。スマホ決済「メルペイ」への投資が嵩んだことが要因。

メルカリ事業は、堅調に拡大、10~12月期の売上高は144億円、営業利益は45億円とも過去最高だった。
一方、メルペイ事業は、普及促進に向けたキャンペーンなどを積極的に展開し、ユーザーは2019年10月時点で500万人まで拡大したが、宣伝広告投資を進めた結果、販管費が2019年7~12月期は前年同期間比66.9%増、150億円増の374億円と急増し、本業の儲けを示す営業損益は▲139億円の赤字(前年同期は▲36億円の赤字)と、前年同期から赤字幅が急拡大した。
 
事実上の経営破たんだったと報じられたOrigamiの買収(2月25日株式譲渡予定)、
同社はOrigami買収については
1)ユーザー獲得の効率化による広告宣伝費の負荷軽減、
2)メルペイ単独での小規模加盟店開拓の停止、
3)人員数のコントロール
を挙げ、統合効果を期待しているにとどまる。
以上、
 
最後はLINEのようにZホールディングスの餌食になるのだろうか、場合によっては食ってもくれないかもしれない。
それともアマゾンのように大化けするのだろうか。
経営者のロマン飛行は続く。

 

メルカリ
連結/百万円
売上高
営業利益
経常利益
当期利益
17/6期実績
22,071
-2,775
-2,779
-4,207
18/6期実績
35,765
-4,422
-4,741
-7,041
19/6期実績
51,683
-12,149
-12,171
-13,764
19/6Q2
23,788
-3,654
-3,684
-4,475
20/6Q2
32,993
-13,906
-13,895
-14,103
20Q2/19Q2
38.7%
 
 
 
20年6月Q2
総資産
純資産
自己資本
自己資本率
186,275
41,110
40,526
21.8%

 

[ 2020年2月 7日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産