アイコン 政府は韓国・大邱国際空港からの入国規制措置を取るべき・・・韓国感染グラフあり

 

スポンサード リンク
 

韓国政府は、COVID-19感染症の大感染地帯となった250万都市の大邱市、最近、風邪の症状で熱があり、医院や病院で診察を受けた約2万4千人全員を対象に感染検査を実施すると発表している。

それに加え、教団大邱教会所属信者9500人あまりと、教団信者で大邱教会と最近直接間接関係した信者ら合計数千人の全員感染検査を実施し、教団全信徒約22万人に対して感染検査および発熱などのヒアリング調査を実施するとし、すでに教団側から信者名簿も取得した。韓国政府は教団側が名簿提出を拒否したことから、法的措置を取ると脅迫し取得したという。
 
日本の感染検査能力のなさはひど過ぎるが、いまさら如何ともし難い。中国大使からプレゼントされた簡易検査キット1万セットはどこに隠し込んだのだろうか。
 
韓国で感染急拡大する前に、韓国政府から日本政府が技術提供を受けた「6時間PCR検査機器の技術」を使うつもりは、日本政府にあるのだろうか。(日本のPCR式検査機器は24時間以上かかる。検査能力の少なさのネックとなっている)
 厚労省所管の国立感染症研究所さえ検査機器開発や検査員不足は予算がなく、機器は時代遅れになっている。財政が云々というが全国津々浦々にこの景気をと票につながる公共投資に銭をバラ撒き続けていることになんら変わりはない。
米国ではP3レベル施設でCOVID-19のウイルス培養や感染検査を行っている。
 
当ウイルスは感染力が強く、発症した感染症患者を受け入れ病室は、ウイルスが拡散しないように2重扉の減圧病室に限られる。
日本政府は、一般病院でも感染患者を受け入れるようにした。発症患者からの医師や看護師の感染リスクは飛躍的に高まる。
 
厚労省は潰す予定の医師会や公営の病院の中には、減圧病室を持った感染症を扱う病院も含まれている。そうした病院を生かそうとは決してしない。計画通り潰せなくなることにある。

近くの医師会病院の近くに同規模の民間病院が建設された。建設途上から潰される候補に挙げられた。人口が限られた地域で民間病院が造られたら、どちらか潰れるのが当たり前だろう。許可を出した厚労省は頭がちょっと変よ。

 

<渡航・入国制限をかけないJAPAN国>
0226_01.jpg

 
 
韓国人の悲劇
<モーリシャスでの悲劇>
夢の楽園モーリシャス島(国)では、韓国の新婚旅行のカップル18組が訪れたところ、とたんに韓国人の入国禁止措置が取られたという。一部に発熱症状があり、全員施設に隔離されているという。
 
<イスラエルでの悲劇と現実、ほかの宗教団体も>天主教でも
キリスト教信者が1500万人ほどいる韓国、聖地巡礼ツアーでイスラエルのテルアビブ空港に到着した韓国からの200人あまりのツアー客、イスラエル政府は急遽、韓国人の入国を認めず、イスラエル政府の費用でチャーター機を出し、そのまま帰国させた。
 
また、聖地巡礼で現地に滞在している韓国人ツアー客約1800人に対しても、イスラエル政府は費用を出しチャーター機を用意するから、すぐ帰れと勧告されている。
 
<天主教聖地巡礼団から多数の感染者>
イスラエル聖地巡礼に参加して2月16日に帰国した天主教安東教区信者ら(安東、義城、栄州の信者の住民)の聖地巡礼団の多くから感染者が現れている。
安東教区は慶尚北道に所在する。
イスラエルが過敏になっているのは、この感染と韓国全体の感染急拡大にある。
 
<二次感染>
大韓航空のその聖地巡礼ツアーのテルアビブ線帰国便の客室乗務員が、帰国後、ロサンゼルス便の往復飛行をして帰国したところ、熱が出て検査を受けたところ、25日、陽性反応が出て感染が確認された。
仁川国際空港の大韓航空待合室やクルーが滞在した部屋などが一時閉鎖され、大消毒が行われた。
 
(名古屋の夫婦もハワイ旅行から帰国後発症し感染確認、検査前の妻を介し、二次感染、三次感染が引き起こされた。ハワイには感染者は記録されておらず、日本の空港もしくは飛行機内ということになる。どこの航空会社の便か公表されていない。)
 
<米国、最高レベルの渡航注意情報>
米国の疾病対策センター(CDC)は24日、感染急拡大の韓国に対して、と耕地優位情報を出し、3段階ある警戒レベルの最も高い「不要不急の渡航を中止せよ」に引き上げた。CDCが最高レベルの渡航制限を出すのは、中国に続き2ヶ国目。
 
<日本へ影響必至・・・>
???、1月30日の注意喚起情報のみ
至急、大邱国際空港からの入国禁止を発するべきではないだろうか。
日本-大邱間は定期便が飛んでいる。
成田、関空、新千歳(札幌)、福岡間の便がある。
最低でも、大邱国際空港からの入国審査の厳密化をはっきり広報すべきではないだろうか。
米国では、当該国からの入国者については、空港で出入口を完全に分け、そこで検査後、入国させている。
早いことに越したことはない。
信者が大感染した「新天地イエス会」は九州や首都圏に浸透し布教活動を行っているともいう。
日本国政府は国民の健康・生命を守ることを第一義とし、外交はその次の問題だ。
行き詰っている日韓外交の貸し借りを利用してはならない。
 
外務省HP
 
韓国の感染者推移
COVID-19
新天地
病院
 
感染者数
増加数
感染者数
感染者数
2月18日
31
 
1
 
2月19日
46
15
 
1
2月20日
104
58
 
16
2月21日
204
100
 
 
2月22日
433
229
 
 
2月23日
604
171
306
111
2月24日
833
229
508
 
2月25日
977
144
 
 
・大邱市の「新天地イエス会」大邱教会;日曜礼拝信者ら
・慶尚北道の「清道テナム病院」 院内感染拡大
・25日現在の大邱市と慶尚北道の感染者数は計791人。
・両者の因果関係あり/数値は、韓国政府当局の発表数値
 
・18日に「新天地」の女性信者の感染が初めて確認された。0226_02.jpg

 

[ 2020年2月26日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産